アニョロッティとワインセミナー

先週、EATALYで開催されたワインセミナーに参加しました。
第1回目のテーマは「ピエモンテの白」
b0107003_2225867.jpg

この日はリストランテのGUIDO PER EATALYがまだopen前ということで
特別に店内でのセミナーでした060.gif

立食パーティ形式で3種類のワインをテイスティング。
おまけにguidoのお料理3品とのマリアージュの試食もありで
予想以上に楽しい講座でした。

テイスティングしたワインはこの3種類。
Roero Arneis 2007
Gavi del Comune di Gavi 2007
AMPELIO Langhe Chardonnay 2007
b0107003_2226374.jpg


ピエモンテは赤ワインの銘醸地なので、白ワインはどうしても影の存在になりがちだそうですが、どのワインもフレッシュな酸とミネラルが豊富で、美味しかったです。

そしてこの日私が最も嬉しかったのが、
最初のアルネイスに合わせて出てきた「アニョロッティ・アル・トヴァリョーロ」
写真を撮り忘れてしまったので、ピエモンテで食べた際の写真を
b0107003_22394553.jpg


これわかりますか?
なんとナプキンに包まれてサーブされるんです。
トヴァリョーロがイタリア語でナプキンのこと。

アニョロッティは肉をミンチにした詰め物が入ったラヴィオリのことで、ピエモンテ名物。
「アニョロッティ・ダル・プリン」という料理は、事前調査でチェックして、何回かいただいたのですが、同じものかと思って頼んだ際、このナプキン包みが出てきてビックリしました。

だってソースがないんです、このパスタ。
茹でたパスタがナプキンにくるまれて出てきて、おろしチーズをかけるだけ。
初めて見た感想は「なんじゃこりゃ?」でした。
あんまりびっくりして、何でそんなお料理なのか聞くのを忘れ、
すっかり忘れていたところ、今回の再会となったわけです。

講師の先生の説明によると、そもそも手で食べるおつまみ感覚のパスタで
茹でたてのあつあつをサーブするために、ナプキンで覆ったのだそうです。
ソースがありませんから、茹でる際はブロード(イタリアのブイヨン)で下味をつけつつ茹で、
アツアツをつまんで食べる。
な~んだ、そうだったんだ~

プリッとしたアニョロッティをつまみながら、
キリッと冷えたワインを飲んで、幸せなセミナーでした~(疑問も解決したし006.gif)
[PR]
Commented by akemi at 2008-10-27 11:18 x
おお~楽しそう!
行きたい!けど確かここのセミナーって夜でしたよね?
また教えて下さいね♪
Commented by miacucina at 2008-10-27 23:07
akemiちゃん・・・そうなの、夜なのよ。そのうち昼のセミナーも開催されるといいですね。
Commented by vruocculu at 2008-11-01 15:13
お久しぶりです!!!
すごーい♪ こんな風に食べてなかったのでビックリです!!
いいなぁ〜今度誘ってくださいませ!!
Commented by miacucina at 2008-11-01 21:59
vruocculuさん・・・イタリア生活はいかがですか?帰国されたらぜひイータリー、ご一緒しましょう!オリーブオイルソムリエ興味アリです。
by miacucina | 2008-10-26 22:39 | イタリア料理 | Comments(4)

自宅で開催するイタリア料理教室やキッチンでのこぼれ話


by miacucina
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30