<   2009年 09月 ( 7 )   > この月の画像一覧

9月のレッスンの続き

b0107003_19104546.jpg

テーマはプーリアだったのですが、名残りのバジルで急遽ジェノヴェーゼに。
パスタはプーリアの手打ちパスタで、カヴァテッリ&トロフィエッティ。

プーリアのマンマは一回にいろいろな形のパスタを作って、一緒に茹でちゃっていました。
もちろんこれレッスンのためなのですが、
茹で時間が違うのでは?と心配する神経質な日本人に
「いろんな形があったほうが楽しいでしょ♪」とのこと。

確かに色々な形があると、もちっとしているところ、つるっとしているところ、柔らかいところと、色々楽しめて美味しいのです。
そんなところも家庭ならではですね。

でなわけで、この日もトロフィエッティに疲れてくると、カヴァテッリが多くなってしまいました。
写真で細長いのがトロフィエッティ、楕円形に見えるのがカヴァテッリです。

このセモリナ粉のパスタとジェノヴェーゼ、邪道ですけどとっても相性が良かったです。

ホントのところプーリアではジェノヴェーゼ食べるのか?今度聞いてみます。
[PR]
by miacucina | 2009-09-29 19:31 | 料理教室 | Comments(0)
今月の教室ではプーリアのお料理をご紹介しています。

乾燥そら豆で作るペーストとお野菜、とてもヘルシーで美味しいお料理です。

レストランではペースト&茹でた葉物(チコリアやビエトラ)の組み合わせで出てくることが多いのですが、
家庭で習ったペーストは、色々なお野菜を盛り合わせて豪華でした。これだと立派にセコンドになります。
b0107003_032515.jpg

教室でも色々と盛り合わせてみました。
ちょっとボリュームアップでコトレッタ(カツレツ)も一緒に。

ピューレとお野菜を混ぜながらいただきます。
野菜は生のものと調理したものを取り合わせて。
ピューレには美味しいEVオリーブオイルをたっぷり入れます。

パンに塗っても良いし、気分を変えて牛乳プラスでポタージュにしても良いですね。

豆+野菜+オリーブオイルのヘルシー料理、美味しくて身体もスッキリするような気がします。
皆さんにもとても好評でした。
[PR]
by miacucina | 2009-09-26 00:27 | 料理教室 | Comments(0)

料理は道具!?

ずっと欲しかったコレを買いました。
b0107003_033812.jpg

ただの「肉たたき」なんですが、今まで使っていたのはたたき面がデコボコで表面積も小さいタイプ。
これはつるつるの表面で、大きさも十分。重さもあります。
そんなにお高いものでもないのに、なぜか今まで買いそびれていました。

これが、ス、素晴らしい!お仕事をしてくれます。
バンバンバンと3回たたけば、もう切り身が薄―い一枚に♪
b0107003_0331932.jpg

イタリア料理ってインボルティーニだのなんだので、結構薄く伸ばす作業が多いのです。
こんな優れものをどうしてもっと早く買わなかったのか・・・

久しぶりに「料理は道具」を実感した出来事でした。
b0107003_034155.jpg

コトレッタの下ごしらえ時間、1/4に減ったかも~

生徒のみなさん、おススメですよ。
[PR]
by miacucina | 2009-09-25 00:30 | キッチングッズ | Comments(2)

葡萄の季節

b0107003_1584191.jpg

2年越しの刺繍、今年こそ葡萄の季節に間に合わせたいと、ここ数日ペースを上げてやっと完成!!は~長かった042.gif
ただ最終目標はまだまだなのです。

ガラスのワゴンに合わせて、季節ごとに取り換えられるようにしたいので最低でも春夏秋冬で4枚、理想は1か月ごとで12枚。
現在、ミモザの柄も作成中ですが、すべて揃うのはいつになることやら・・・生涯学習ならぬ生涯趣味?

大きさはこんな感じです。
b0107003_1585547.jpg


ついでに今月の教室でお出ししているワインとオリーブオイルをご紹介。
どちらもプーリア州のもので

ワインは OGNISSOLE VERDECA 2007 
プーリアの固有品種ヴェルデーカ種100%、柔らかな酸とミネラルを感じるワイン

EVオリーブオイルは STASI社のもの オレガノやミント、トマトを思わせる香り
b0107003_159211.jpg


そういえばsienaのホームステイ先のマンマもたくさん自前の刺繍作品を見せてくれました。
昔はリネン類にコツコツと刺繍をして、お嫁入り道具にしたそうです。
街角にも必ず刺繍のお店がありました。

プーリアでも素敵なお店に行きましたよ♪ こちらは刺繍よりレースの方がメインでしたけど。全部ハンドメイドだそうです~素晴らしい♪
b0107003_15561978.jpg
b0107003_15563079.jpg

[PR]
by miacucina | 2009-09-12 16:02 | その他 | Comments(2)

嶽きみ(だけきみ)

じゃーん!!青森の友人からとうもろこしが届きました♪
b0107003_2292012.jpg


以前のブログでもご紹介した、通称「嶽きみ」
「嶽」は津軽富士と呼ばれている岩木山麓の地名、「きみ」はとうもろこしの津軽弁です。
フランス式に言うところのA.O.C.(原産地統制呼称)ですかね~法律で縛られてはいませんケド
高原で栽培されるこのとうもろこし、昼夜の寒暖の差が大きいことで、とても甘くて美味しくなります。

まずは茹でて
b0107003_2214847.jpg

そして今回のチャレンジは皮ごと焼く
b0107003_22143834.jpg

皮をつけたまま丸ごと焼きます。ただし、ひげは焦げるから取ってね。
焦げた皮が散らかるのでちょっと大変ですけど、とても香ばしくて甘みも凝縮。茹でたものとはまた違った味わいで良い良い。

美味しくって一気に2本食べちゃいました011.gif
C子、ごちそうさまでした。ありがとね~058.gif
[PR]
by miacucina | 2009-09-05 22:25 | おいしいもの | Comments(2)

ひとりコロッケ定食

8月のとある日、無性にコロッケが食べたくなりました。

子供の頃からコロッケは母の作る自家製が一番!だったので、食べたいのは手作りコロッケ。買ってきたコロッケではダメなんです。

b0107003_13184634.jpg


茹でたじゃがいもをつぶし、炒めた玉ねぎとひき肉を加えて、衣をつけて揚げるだけの素朴なお料理。
なんだけど、意外に時間がかかる工程。あまり手作りしないって声も良く聞きます。

揚げたては薄い衣がサクサク、中はほっかほか♪ 付け合わせには絶対キャベツの千切り。
b0107003_13242543.jpg

そしてかけるのは、私はソースじゃなくってお醤油派。
これにご飯とお味噌汁で、コロッケ定食にするのがだーい好きです。

翌日、しっとり柔らかくなった衣のコロッケを温め直したものも、また違う食感で好きです~

あ~また食べたくなってきました010.gif
私のコロッケ談義にお付き合い下さり、ありがとうございました040.gif
[PR]
by miacucina | 2009-09-03 13:47 | 和食 | Comments(2)

9月の教室日程

今年の夏はなんだか気が抜けたビールのようで、
涼しいのは楽だけど、カーッと暑い日は数えるほどしかありませんでしたね。
今日はまた秋のようなお天気です。

さて8月は教室がお休みで、外でのお食事会となりました。

夜の部はランテルナマジカで、初ものポルチーニやオッソブーコなどいただきながらの楽しい納涼会、
昼の部はペニンシュラのヘイフンテラスで飲茶ランチ、皇居のお壕を眺めつつ優雅なひと時でした。あの熱々のスープ美味しかったですね~053.gif
外でのお食事は、バタバタの教室と違い、皆さんとゆっくりお話ができて私はとても楽しかったです016.gif


と夏休み気分もここまで061.gif
気を引き締めて9月のお教室日程です。

9月 5日(土) pm12:00~ 残2名
9月18日(金) pm18:30~ 残2名
9月24日(木) pm12:00~ 残1名
尚、月曜クラスは連休と重なったためお休みです。

写真はプーリアのスナックタラッリ
防災の日が近づくと、非常食の乾パンを良く見かけますが、このタラッリもちょっと乾パンみたいな感じ。
あ、でもでもずっと美味しいですよ。今月の教室でお出ししますね。
b0107003_1505690.jpg

今日はフェンネルシード、黒こしょう、唐辛子の3種味にしてみました。
ちょっと小腹が空いた時や、アンティパストとして重宝します。カリカリポリポリ結構止まらないんです・・・

アリタリアの機内おやつ、塩味はこのタラッリでした。もっと小さかったからタラッリーニですね。
スナック配るとき、「甘いの、しょっぱいの?どっち?」ってCAが聞くんですけど、サービス悪いわりにそこはこだわるんだ~って不思議でした037.gif
[PR]
by miacucina | 2009-09-02 15:11 | 料理教室 | Comments(0)

自宅で開催するイタリア料理教室やキッチンでのこぼれ話


by miacucina
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30