新生姜の甘酢漬け

b0107003_23553454.jpg
大好きな新生姜もそろそろおしまいのようですので、甘酢漬けを作りました。

お寿司屋さんのガリよりは酸味を少なく、お砂糖も入れて食べやすくしてあります。
薄切りにするときに、新生姜の赤い部分を少し一緒に入れると、ほんのりピンク色の甘酢漬けになります。

冷え性には生姜が良いらしいので、ご飯のときやちょっと口をさっぱりさせたいときにポリポリと食べています。そのお陰なのかどうかはわかりませんが、今年は素足にミュールで出かけても足が冷たくなりません♪

ワールドカップ、イタリア勝ちましたね☆うれしい~
[PR]
# by miacucina | 2006-07-10 23:56 | 保存食 | Comments(0)

スカモルツァ

b0107003_1472220.jpg

このブ~ちゃん、何でしょう?

これはscamorza affumicata(スカモルツァ アッフミカータ)=燻製したスカモルツァというイタリアのチーズなんです。

これは燻製したタイプですが、燻製なしのもあります。
一般的にはひょうたんのような形をしているのですが、これはうまく切り込みを入れてブ~ちゃん型になっています。面白いですよね。

スライスしてフライパンで焼くとトロ~リと溶けスモーキーな香りがたちのぼり、ウイスキーのおつまみとしても良く合いそうです。
[PR]
# by miacucina | 2006-07-08 01:48 | フォルマッジョ | Comments(2)

コンフィチュール

b0107003_0143981.jpg
今、巷ではコンフィチュールというものが流行っているようです。

フランス語でジャムの意なのですが、流行中のものはただのジャムというよりは少し手を加えたもののことをさしているようです。
例えばスパイスを加えたり、数種類の果物を併せたり、お酒を加えたりetc.
一般的なジャムよりもゆるめなトロリとした煮詰め具合。

そしてとてもお洒落に小ぶりの瓶に詰められ、ジャムの値段にしてはビックリな価格で売られています。

先日もTVのお料理番組でコンフィチュール作りをやっていました。

そこで、美味しそうなあんずを見つけたので早速作ってみました。以前、どこかのお店であんずにバニラを入れたものを見たことがあったので真似っこ。お砂糖はあんずの重量の半量、あとはレモン汁を。
2~30分煮たあと、オレンジの皮の砂糖漬けが1瓶あったのでそれも一緒に加えて出来上がりです。

バニラの香りとあんずの酸味、オレンジのほろ苦さがほど良くマッチして満足な出来上がり。
リコッタチーズやフロマージュブランにトッピングしてワインと合わせても良さそうです。
ちなみにイタリアでは柑橘系のジャムはMarmellata マルメッラータといいます。
b0107003_0145480.jpg

[PR]
# by miacucina | 2006-07-07 00:16 | 保存食 | Comments(0)

自宅で開催するイタリア料理教室やキッチンでのこぼれ話


by miacucina
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30