料理教室

今月のメニューです。
b0107003_23381666.jpg

☆白いんげん豆とツナのインサラータ 
今回は白いんげん豆の代わりに虎豆を使いました。
フレッシュなオレガノがアクセントです。





b0107003_23383512.jpg
☆ズッキーニ・リピエーニ 
訳すと「ズッキーニの詰め物」です。ひき肉に玉ねぎのみじん切り、ケイパー、トマトソース、バジルなどを混ぜてズッキーニに詰め、オーブンで焼きます。
最初にズッキーニを丸ごと10分ぐらい茹でるのが面白い調理法です。
種が余ったので、玉ねぎの輪切りにものせて焼いてみました。
ズッキーニが半分になっているのは、写真を撮り忘れて食べちゃったからです(^^ゞ


b0107003_2340257.jpg
☆レモンクリームのタリオリーニ(手打ち) 
久しぶりに手打ちパスタ、太目のタリアテッレにしたかったですが、
パスタマシーンを最後の目盛りまで使ったのでちょっと薄くなったのと、
カットも細めのタリオリーニになってしまいました。生徒のみなさま失礼いたしました。


☆マチェドニア アプリコットソース 
マチェドニアはイタリアのフルーツポンチ、漬け込むソースというかジュースには
いろいろな方法がありますが、今日はあんずの缶詰をハンドミキサーで
ピューレにしてレモン汁を加えてみました。
b0107003_2341177.jpg


教室中はバタバタなので、写真をきれいに撮っている余裕がなく・・・
もう少し美味しそうに撮りたいです





   
[PR]
# by miacucina | 2006-06-19 23:14 | 料理教室 | Comments(4)

らっきょう漬

やはり今年もらっきょうを漬けることにしました。カレーの時にらっきょうがないととても悲しむ人が約1名(私以外)。あまりらっきょうは好きじゃなかった私もなんとなくつられて食べるようになり、今では美味しいなあと思えるようになりました。

らっきょうといえば鳥取県が名産地ですが、特に福部町のものが良いと友人に聞いたので今年はお取り寄せしてみました。
b0107003_2321080.jpg

東京のスーパーでみかけるらっきょうは形が細長い「らくだらっきょう」がほとんどですが、今回取り寄せしたものは「玉らっきょう」で、コロンとした形が可愛いです。さすが産直だけあってとても新鮮!らっきょうは収穫してからもすぐ芽が伸びてきてしまうぐらい元気なのですが、このらっきょうは本当に収穫してすぐ出荷されたのでしょう。ほとんど芽が出ていません。ひげ根を切るときもシャリっとしていてみずみずしく、今年のらっきょう漬は美味しくなりそう☆

これから2週間、塩漬けです。らっきょう1kgあたり700ccのお水と150gの塩で漬けています。 その後、塩抜きして甘酢に漬けます。
b0107003_233338.jpg
 
[PR]
# by miacucina | 2006-06-17 22:45 | 保存食 | Comments(0)

パスタと麺

昨日、中華料理のお稽古でジャージャー麺を作りました。
手打ち麺なので、小麦粉と水を合わせなじんだら手でこねます。
少し寝かせてからめん棒で伸ばし包丁でカット、アレっ?これって何かに似ている。
そうです。イタリアの生パスタ作りと全く行程が同じです。
伸ばして細長く切って茹で、ソース(肉味噌)であえる、同じです。
もしかして中国からイタリアに伝わったの??それとも逆?
などと考えていたら、今日のイタリア語のレッスン、非常にタイムリーに
テーマがPastaでした(^^)

先生の話によるとイタリアにパスタがどこから伝わったかということについては諸説あり、自分も専門書などを読んでみたが結局はっきりしたことはわからなかった。
ただテキストの中にアラブからシチリアに伝わったものが初めてのパスタとあるのは間違いだ!と力説しておりました。(そんなにムキにならなくても~)
そしてイタリアではずっと生パスタを食べていたのが、ここ100年ぐらいの間に乾燥パスタを作る機械と技術が発達して今に至っている。南部で発達した乾燥パスタがイタリア全土に普及したのはここ70年ぐらいなので、北部出身の先生のおじいちゃんは生涯2回ぐらいしか乾燥パスタを食べなかったそう。犬のエサ呼ばわりしたらしい・・・
イタリア人もあの私たちがよく買っている乾燥パスタを食べるようになったのは結構最近のことだったのですね。
実は先生はもっといろいろべらべらしゃべっていたのですが、ヒヤリングに限界があり
結局わかったのはこれぐらい・・・情けない。おまけに多少違っているかもです(スイマセン)

ここにわりとわかりやすいパスタの歴史を発見したのでご興味のある方は・・・
http://www.geocities.co.jp/Foodpia/1024/etc/history.html

小麦粉を石臼で挽いて、水でこねて丸めたり伸ばしたりして色々な形にして、茹でたり焼いたりいろいろ試しているうちに一方はパスタになって、一方は麺になって、パンになったものもあり。
食文化って面白いです。

写真はジャージャー麺と肉味噌、小さな器3つはトッピングで、茹で大豆・枝豆・中国湯葉です
b0107003_23245522.jpg b0107003_2325757.jpg 
[PR]
# by miacucina | 2006-06-14 23:41 | イタリアのこと | Comments(0)

自宅で開催するイタリア料理教室やキッチンでのこぼれ話


by miacucina
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30