タグ:プーリア ( 21 ) タグの人気記事

11月のお料理写真♡

今月はムール貝祭り♪
カナダ産ムール貝をお取り寄せ。
バンクーバー島の南東に浮かぶ小さな島ソルトスプリングアイランドで育てられ、フレッシュな状態で輸入されています。
2年前、初めてこのムール貝を食べてその美味しさに驚きました。

身がふっくらと大きく、旨みがあり、加熱しても大きさが変わりません。
今月のメニュー、タイエッジャを作るときは絶対これでやろうと決めていました♪

1品目は黒コショウ蒸しの予定でしたが、身がプクプク 大きくて立派だったので急遽ハーブパン粉焼きに変更。
b0107003_22382360.jpg

加熱しても焼き縮みがなく、旨みが凝縮した感じです。

続いては今月の目玉タイエッジャ。贅沢にムール貝をこれでもかというほど詰め込みました 笑
美味しくて皆さん、来てよかった~と大満足のご様子でした。
b0107003_22371090.jpg

もう1品は秋鮭を使ったポルペッテ。
プーリア+シチリアのイメージでレシピを作りました。

セコンドで召し上がるときはこんな盛り付けで
b0107003_08544059.jpg
アンティパストだったら大皿でお取り分けスタイルで。
b0107003_08540880.jpg
残りのレッスン19日土曜日に空きがあります。
美味しいムール貝食べてみたい方はどうぞ~♪



by miacucina | 2016-11-14 23:01 | 料理教室 | Comments(0)
2015イタリア食旅行記、先に⑤を投稿してしまいましたが④に戻ります。
レッチェでのお料理レッスン、ルイージ先生にも教えてもらいました。
b0107003_22361917.jpg

彼は調理師学校で講師も務めるプロフェッショナル。
この日のメニューは粉もの系がたっくさん。
b0107003_22374255.jpg

まずはお野菜のパイ包み焼き。折パイ生地から作ります。
たたんでは冷やしたたんでは冷やしを繰り返し、早い早い、あっという間に生地完成。
b0107003_22382651.jpg
プーリアの美味しいお野菜をたっぷりと包み込み
b0107003_22422975.jpg
焼き上がりはこんな感じ♪
b0107003_22451522.jpg
b0107003_22454413.jpg
続いてはタラッリーニ作り。こちらも捏ねて、成型、茹でる、焼くと手順が多いのですが、なんと手早いこと。
b0107003_22390456.jpg
お次は手打ちパスタ作り。全粒粉を使用しました。
b0107003_22392400.jpg
寝かせてからパッパルデッレにカット。
b0107003_22404323.jpg
b0107003_22410212.jpg
魚介のラグーでいただきました。
b0107003_22440132.jpg

お次はドルチェ。
サレント出身のルイージですが、イタリア全土の料理リクエストOKということでシチリアのカンノーリをリクエスト。
またしても粉もの 笑
b0107003_22414694.jpg
リコッタチーズをたっぷり詰めて完成。
b0107003_22425664.jpg
ほうれん草のフランも教えてもらいました。
b0107003_22432517.jpg
パルミジャーノたっぷりのソースが美味しい♪
b0107003_22442996.jpg
タラッリーニも焼き上がり、さすがプロは手早いな~と感心しました。
b0107003_09492756.jpg

家庭のマンマのお料理も大好きですが、たまにはプロに教えてもらうのもとても刺激になります。
充実のレッスンでした。

後日、ルイージの自宅でのレッスンもやってもらいました。またその様子はupいたします~



by miacucina | 2016-10-31 17:39 | 旅(イタリア) | Comments(0)

プーリアの乾燥そら豆

プーリア食材といえばこの乾燥そら豆。昨年、現地から持ち帰ったものです。
b0107003_18464681.jpg
皮のないものが一般的。現地ではこれを柔らかく煮てピューレにして食べます。
b0107003_18463278.jpg
プーレ・ディ・ファーヴェ(乾燥そら豆のピューレ)という名の料理。
たっぷりのプーリア産オリーブオイルが入った、おふくろの味的なもの。

野菜が豊富な現地では、これとお野菜を一緒に食べます。
チコーリアという葉物をくたくたに炒め、このピューレを添えるのが一般的。ヘルシーですね。

5月は葉物がもう終わりなので、レッスンではいんげん、きゅうり、アスパラを添えました。
どんなお野菜ともマッチしてくれます。

b0107003_18461313.jpg
今回はセコンドのお肉料理のコントルノ(付け合わせ)的に。
お肉との相性も良く、みなさんに好評でした♪
b0107003_18472639.jpg

by miacucina | 2016-05-26 17:31 | イタリア食材 | Comments(0)
昨日今日と爽やかなお天気で本当に気持ちが良いですね♪
毎年思うのですが、この季節が長ーく続いてほしい♡

今月のレッスンで最後にお出ししているカッフェはプーリア州レッチェで飲まれている冷たいコーヒー。
b0107003_16454835.jpg
イタリアには日本のようなアイスコーヒーは無いのですが、こんな風に氷にエスプレッソを注ぐものは存在します。

このレッチェ風カッフェ、アーモンドのシロップを底に入れるのが特徴。
糖度が高いのでエスプレッソを注いでも2層に分かれます。

かき混ぜると、アーモンドシロップの甘さとコーヒーの苦みがとてもバランス良く、それはそれは美味しいのです♡
生徒さんにもとても好評でした。

日本でも飲めるお店が増えると良いなあ♡エスプレッソを出していらっしゃるお店の方はぜひぜひご検討を。

b0107003_13005165.jpg

by miacucina | 2016-05-22 17:03 | イタリアのこと | Comments(0)

5月のレッスン空席案内

ゴールデンウィークも終盤、みなさまいかがお過ごしでしょうか?
我が家は特に旅行の計画もなく、映画に行ったり、美術館に行ったり、お友達を招いたりで
あっという間に前半が終わりました。

そんな中、5月の試作もいろいろと…

こちらはタラッリーニ。
プーリアではどこでも目にする塩味のクラッカー風。
この可愛らしいリング型とカリカリっとした食感で万人に愛されるおつまみなのです♡

レッスンでは3種類のお味で作りましょう。
写真は成型が終わったところ、このあと茹でてからオーブンへ。
ベーグル的な作り方です。
b0107003_12050103.jpg
そしてこちらはサーニェ・ンカンヌラーテという舌を噛みそうなネーミングの手打ちパスタ。
なんとレッチェから来日中の若師匠に直々に教えてもらいました♡
難しそうですが、何回かですぐに慣れてサクサク作れる楽しいパスタです。そしてめっちゃ美味しい♪
b0107003_12065166.jpg
b0107003_12070893.jpg
この美味しさをぜひ皆さんにも味わっていただきたいのですが、これを作るかどうか?まだ悩んでおります。
というのもタラッリーニとドルチェのパスティチョットですでに粉ものが2品、
もう1品粉仕事を増やしてはたして時間的に大丈夫かどうか?笑

代用の乾麺はご用意してありますので、当日の進捗状況で、ということにしておきましょうか。

プーリア州の食文化を語るうえで粉ものの存在は外せませんからね~。

この他、豚肉のスカロッピーネに乾燥そら豆のピューレとお野菜を添えたものがセコンドです。
ワインは南イタリアのロゼワインをご用意いたします。

前置きが長くなりましたが、5月の空席状況は以下の通りです。
まだお席がありますので、サレントのお料理をぜひ体験しにいらしてくださいませ♡

5月13日(金)11:30〜15:00 残1
5月14日(土)12:00〜15:30 残2
5月18日(水)18:30〜22:00 残2
5月21日(土)12:00〜15:30 満席


b0107003_00232385.jpg





by miacucina | 2016-05-07 12:31 | 料理教室 | Comments(0)

イタリアに滞在中です♪

イタリアに来て9日目です。
何度か更新を試みたのですが、写真がうまくupできなかったり、途中で寝てしまったり(≧∇≦)
b0107003_03364356.jpeg
写真はプーリア州レッチェのドゥオモ。
お天気にも恵まれ、なぜか晴れ女と呼ばれています 笑

何枚も写真をupできないのが残念ですが、プーリアといえばこのタラッリ。
サクサクの美味しいおつまみ。
作り方を習いましたので、近いうちにレッスンでやりましょう♪
b0107003_16285423.jpeg
昨日ナポリへ移動しました。
相変わらずのカオスな街ですが、これから久しぶりにパワフルなマリーサに会いに行きます♪

※メールでのお問合せはこちらでもチェックしております。通信状況によりお返事に時間がかかることがありますが、ご了承ください♡







by miacucina | 2015-10-18 16:21 | 旅(イタリア) | Comments(0)

菜の花のオレッキエッテ

今月のレッスンはプーリア州の手打ちパスタ、オレッキエッテを作っています。
「小さな耳」という意味のパスタ。耳たぶのように端がくるっとしているのが特徴。
b0107003_17294151.jpg
現地ではチーマ・ディ・ラーパという蕪の葉につぼみが付いたようなお野菜を使いますが、日本では菜の花で代用することが多いです。
蕾の部分がブロッコリーに似ているので、そちらを使用することもあります。
b0107003_17295794.jpg

2度挽きのセモリナ粉を使用した手打ちパスタは、つるっともちっとした食感がとても美味しくて、パクパクあっという間に
食べてしまいます。乾麺ではこの食感が味わえないですね~
野菜だけのソースですが、本当にこのパスタとの相性がいいと思います。だーい好きなパスタの一つです♡

昨日のクラスの皆さんは、とても手早く上手に作られていました。
細かい作業で根気がいりますが、大勢で作ると楽しいし早い!

プーリアのマンマ達もおしゃべりをしながらものすごい速さでこの小さなパスタを大量に仕上げて行くんですよ。
子供の頃から何十年もかかってあのスピードになるのでしょうね。

残りの人生であの早技を習得できるか?笑


b0107003_17521074.jpg




by miacucina | 2015-02-04 17:55 | 料理教室 | Comments(0)

自家製リコッタチーズ

遅くなりましたが、今頃upします(^_^;)
GWのモッツァレッラ作り体験の後、もらってきたホエーで自家製リコッタチーズを作ってみました。
b0107003_1373060.jpg

ミルクからチーズを作った残りの水分がホエー(乳清)。乳白色の液体です。
b0107003_1374639.jpg

これを再度加熱したチーズがリコッタ。ri=再び、cotta=煮た、でリコッタ。
そのまま作っても良いのですが、牛乳をプラスすることでより美味しく、量も多くできるとのことで少し加えました。
b0107003_138334.jpg

加熱するともやもや~っと固まり始めます。
b0107003_1381322.jpg

これをザルに上げ、水分を切って出来上がり♪ たったこれだけになってしまいました。
b0107003_1382746.jpg

淡泊でヘルシーな味わいのリコッタチーズは、イタリア人も大好き。
トーストにマーマレードと一緒に塗りました。
ちょっとボソボソした食感は、加える牛乳が少なかったためらしい。
b0107003_1383667.jpg

おまけのこちらは、プーリアのチーズ工房(caseificio)を訪れた際の写真。
リコッタ作りの真っ最中でした。出来立ては、お豆腐みたいにふわふわで温かくてとっても美味しかったのを覚えています。
b0107003_1393520.jpg

by miacucina | 2012-05-25 13:52 | フォルマッジョ | Comments(2)

菜の花のオレッキエッテ

照明をLEDに替えてから、夜の写真がうまく撮れないのが悩み・・・

雨の週末、手打ちのオレッキエッテを作りました。
b0107003_14172086.jpg

オレッキエッテは耳の形のパスタ。プーリア州のもので、セモリナ粉を使用します。

現地ではチーマ・ディ・ラーパという野菜と一緒に食べるのが一般的。
菜の花のようなつぼみが付いた葉野菜で、からし菜に良く似ています。

日本では、菜の花やブロッコリーで代用することが多いです。
b0107003_14175480.jpg

結構時間がかかる手打ちのオレッキエッテ、
プーリアのマンマ達はものすごい早業で大人数分を作るんですよ。

あの技の習得には、子供の頃からお手伝いして積み上げた何十年という相当な時間がかかっていて
まさに職人芸!
by miacucina | 2012-03-19 12:45 | イタリア料理 | Comments(4)
高校の先輩からの情報です。
普段使っているカードやネット通販、ネットサービスで貯めたポイントを災害のための募金に充てることができるそうです。私も早速、楽天やYahooのポイント募金しました~わずかなポイントでもいいのですよ
皆さま、ご協力をよろしくお願いいたします。
コチラをご覧くださいね。

さてさて、我が町のパン屋さんまでもが売り切れ状態、仕方ないので焼くことにしました。
b0107003_23155647.jpg

いつもは作ってもせいぜいフォカッチャかピザ生地まで。パンはどちらかというと苦手科目。
でも考えてみると、お米は自分じゃ作れないけど、パンなら粉があればできる。

せっかく作るのならイタリアのパンと思い、イタリアの小麦粉、水、ビール酵母、塩のみのシンプルなプーリア風のパンにしました。

このザックリとした感じがなかなかイタリアパンらしくて、出来の良しあしはともかく、本人は気に入ってます 笑

粉の風味が良く、オリーブオイルと相性ぴったりのパンです。

b0107003_1134798.jpg


by miacucina | 2011-03-20 23:45 | イタリア料理 | Comments(0)

自宅で開催するイタリア料理教室やキッチンでのこぼれ話


by miacucina
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30