人気ブログランキング |

ワインと料理のアッビナメント

W杯観戦で盛り上がっているうちに明日から7月!
今月のワインクラスで飲んだ2本をご紹介しなければ・・・
b0107003_188285.jpg

今回は2本ともソムリエールFさんセレクトで。

1本目は右
IL VINO DEI POETI PROSECCO BRUT
ヴェネト州 BOTTEGA社のプロセッコ  

ゴールデンアップル、エキゾチックフルーツ、洋ナシなどの豊かな香り。
キリっとした喉越し、軽やかな酸味。

暑くなると1本目は断然、きりりと冷えた泡ものが恋しくなります。
アンティパスト、パスタ、軽めのセコンドなどオールマイティな1本です。
こちらに合わせてそら豆のニョッキはシンプルなバターソース&ペコリーノにしました。
b0107003_18212615.jpg


2本目は左
LAMELLE 2008 IL BORRO
トスカーナ州 あの靴で有名なフェラガモが作るワイン
シャルドネ100%

濃い黄色い色調、花やピーチなどフレッシュな黄色い果実、白こしょうやバニラの香り。
こちらにはセコンドの豚ヒレ肉のマスタードクリームソースを合わせて。
b0107003_18235922.jpg


実は他のクラスと基本メニュー&材料は同じですが、ワインに合わせて調理法を変えています。
  そら豆のニョッキはクリームソース → バターソースへ
  豚ヒレ肉のマスタード焼き → マスタードクリームソースへ

ワインは軽いタイプから飲み始め、徐々に重いタイプに移って行くというのが美味しくいただく基本的なルール。 泡 → 白軽 → 白重 → 赤軽 → 赤重という風に(たまに例外もあります)

お料理もそういったルールをちょっと意識することで、同じ材料でもより美味しくワインをいただくことが出来ます。先に食べるニョッキのソースをシンプルに、後の豚肉にクリームソースを合わせたのもそんな理由から。   
「お料理とワインのマリアージュ(結婚)」とフランスでは呼びますが、イタリア語だと「お料理とワインのアッビナメント(相性)」
選んだワインがお料理にピッタリと合った時には、双方が2倍3倍も美味しく感じられます。

今回のLAMELLEには豚肉のマスタードクリームソースがとても良く合っていました♡
さすがソムリエールさんです。

実際にお料理と何種類かのワインを合わせて比較する機会があると良いですよね。
ふふふ、今ちょっと考えています。
by miacucina | 2010-06-30 18:22 | 料理教室

自宅で開催するイタリア料理教室やキッチンでのこぼれ話


by miacucina
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30