人気ブログランキング |

カニカマは蟹を超えた?!

ポカポカ陽気だった週末、丸の内で行われた
株式会社スギヨさんの商品PRイベントへ。
テーマ商品はこちらの香り箱、カニ風味カマボコです。
b0107003_13263491.jpg

恵比寿の日本料理店「賛否両論」のオーナー笠原シェフがカニカマ親善大使に就任!!
b0107003_13281542.jpg

b0107003_13293652.jpg



今はとてもポピュラーな食材のカニカマですが、生みの親がスギヨさん、
1972年に世界で初めてカニカマが誕生しました。
どんどん進化を遂げた傑作がこの香り箱、関西では『かにちゃいまっせ』という名前なんですって(^・^)
b0107003_10595315.jpg
試食してその進化にビックリ!
ズワイガニの風味、線維、食感、色合いが本物そっくりに作られていてジューシー、下手な蟹より美味しいのでは?と思えるほどです。
素材はスケソウタラのすり身、合成着色料は不使用など素材へのこだわりも。

この香り箱を使って笠原シェフがお料理を2品デモンストレーション。
軽妙なトークで和やかなムード。
b0107003_1329367.jpg

1品目はちょうど節分の日だったので、タイムリーに香り箱とりんご、アヴォカドの恵方巻き
たっぷりの香り箱と千切りのりんご、アヴォカド、卵焼きを巻いたもの。

お寿司の具にりんごって不思議ですが、酸味と甘みがとても良いアクセントになり、カニカマとの相性もばっちり。年代を問わず喜ばれそうな美味しい恵方巻きでした。
b0107003_13315620.jpg

もう1品は鰯のつみれ、香り箱あんかけ
b0107003_13321246.jpg

鰯のつみれの上から香り箱入りの餡をたっぷりかけて。
つみれを違うお魚に変えても良し、お豆腐や白身のお肉、お餅でも良さそう♪
いろいろ応用が効きそうなレシピでした。

試食時には歴代のカニカマを試食。奥から順番に新しくなり手前が香り箱です。
こんなに一度にカニカマを試食できる機会はそうそうありません。笑
b0107003_1330829.jpg

やはり見た目、お味共に香り箱がダントツでした。素晴らしい企業努力です。

そうそう香り箱は練り物売り場ではなく、鮮魚売り場に置いてあるそうですよ。

この素材感とお味なら、日常的にぜひ使いたいです。
イタリアンにも使えそうですね。オリーブオイルやハーブをプラスしてブルスケッタに乗せたり、フリットもいいかな?
イタリア人に食べさせたら、きっと驚くでしょうね~。

貴重なカニカマ新旧食べ比べや、笠原シェフの楽しいトーク付お料理で、カニカマに理解が深まり今までのイメージが変わりました。
スギヨ様、笠原シェフありがとうございました。

P.S.このあと友人夫妻と温泉へ、お土産にいただいた香り箱がワインのお供に♡♡ うまいうまいってあっという間に完食でした〜笑 
by miacucina | 2013-02-05 11:15 | コラボ・タイアップのお仕事

自宅で開催するイタリア料理教室やキッチンでのこぼれ話


by miacucina
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30