スイーツ列車 提供ドルチェ♡

昨日のblogでお伝えしたスイーツ列車のお話です。
私の故郷、青森県五所川原市に津軽鉄道という私鉄が走っています。
津軽五所川原駅から北へ向かう小さな列車は、冬はストーブ列車として有名なのでご存知の方もいらっしゃるかと思います。

作家 太宰治の生家、斜陽館のある金木町へもこの列車で行くことができるので、多くの太宰ファンが訪れます。
また2両編成の可愛い列車は全国の鉄道ファンの垂涎の的だそうです。

金木駅の手前に芦野公園駅という公園の中を走る駅があります。
現在は無人駅ですが、隣に旧駅舎が残されており、そこで父方の従姉妹が『赤い屋根の喫茶店 駅舎』を経営しています。
文化財登録されている駅舎については以前のblogでご紹介しました。

その喫茶店が今月の日曜3回に渡って貸切スイーツ列車を走らせることになり、料理教室ピアチェーレとのコラボ企画となりました。

私は軽食のアランチーニとパスタ・フレッダ(パスタのサラダ)のレシピ監修とオリジナルスイーツ 栗のチャンベッラ担当で、先週からケーキを焼いて現地へ送っています。

先日2日に第1回目の列車が走り、好評だったとのこと、ホッと胸をなでおろしました。
とても柔らかいケーキ、到着するまでに崩れてしまわないかハラハラでした。
良かった良かったです(^ ^)
b0107003_13334816.jpg

次回は連休で満席とのこと、4台のケーキを焼いて送らねばなりません。
なかなか大変ですが、新しいことにチャレンジするのは楽しいものです。

せっかくなのでこのスイーツを今月のレッスンでもお出しすることにしました。

リング型のケーキをイタリアではチャンベッラと呼びますが、秋らしく栗を使ってアレンジしたオリジナルレシピ🌰

b0107003_13320512.jpg
と途中まで書きかけたところで、今朝の青森の新聞 東奥日報にスイーツ号の記事が載ったと連絡ありました!
b0107003_12190411.jpg
嬉しいですね♪

9日はすでに満席だそうですが、最終16日はまだお席があるそうですよ。

田んぼの真ん中を走る2両編成の可愛い列車、外は黄金色に色付いた稲穂を刈り取る光景が広がっているはずです。





[PR]
by miacucina | 2016-10-03 10:25 | コラボ・タイアップのお仕事 | Comments(0)

自宅で開催するイタリア料理教室やキッチンでのこぼれ話


by miacucina
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31