焼きそばパン?

b0107003_22111585.jpg


7月の中華のお稽古で「金銀絲巻」というマントウを習いました。
ちょっと手がかかるので、北京の家庭では作られず料理屋さんで供されるマントウだそうです。早速復習です。

全く同じ生地を2つに分けて一方は丸くのばして皮に、もう一方は黄色く染めて麺のように切って中身にするという面白いマントウです。
b0107003_22133250.jpg

これは教室で先生が生地を切っているところ。上に見える丸いのが外側の皮。切っているのが中身。

今回は中身を黄色にしたので正しくは「金絲巻
色をつけず皮と同じ白いままのものを「銀絲巻」と呼ぶそうです。
金と銀でおめでたいマントウ♪

先生は黄色をかぼちゃパウダーでつけていましたが、私は卵黄を使いました。

中の生地は麺をイメージして作られたものってことで、焼きそばパンを思い出してしまいました(^^)中国にはないですよね・・・焼きそばパン。

食べ方がまた面白くって、まず外の皮と中身をはずし、中身は一本ずつほぐします。(切るときに油を塗っているのできれいにほぐれます)
あとは外の皮におかずをはさんで食べ、中身の麺風パンはおかずと混ぜて食べたり、つまんで食べたりと自由。
b0107003_22141767.jpg

全く同じ生地なのに、形が違うだけで食感・味も変わるから面白い。

今日のおかずは2種類、牛肉とにんにくの芽を炒めたもの・海老とズッキーニを豆板醤で炒めたもの。
b0107003_2214384.jpg


こんなこだわりのマントウを作る中国の食文化、ますます興味深いです。

そうそう焼きそばパンにも似てたけど、同じ生地を色違いで成型するのって和菓子の練りきりと同じだった。
[PR]
by miacucina | 2007-08-06 22:27 | その他 | Comments(0)

自宅で開催するイタリア料理教室やキッチンでのこぼれ話


by miacucina
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31