カルチョーフィ

生徒さんのご実家の家庭菜園でカルチョーフィを栽培しているそう☆
先日少し分けていただきました001.gif
カルチョーフィはイタリア語、アーティチョークと言ったほうが皆さんわかりやすいかも。
b0107003_23502844.jpg


イタリアでは今まさにカルチョーフィの季節!
トスカーナに留学したときには毎日カルチョーフィの下処理で爪が真っ黒になりました。
アクが強いんです。

このこわもての様相からどうやって料理したら良いか困ってしまうかと思いますが、
一番簡単なのは上を少し切り落として、丸ごと茹でるか蒸します。
外側の皮は筍みたいに固いのですが、一枚ずつむいて行くうちに付け根の部分に柔らかい食べられるところが増えてきます。
歯でしごくようにそこを食べ、最後は中心部分をいただくのが簡単。
味はシンプルに塩とオリーブオイルで。

料理に使う場合は生のまま固い皮をペリペリと剥いて行き、白い中身が出てきたら中心のしべを取り除いて、食べやすい大きさにカットしてから調理します。このときアクが強くてどんどん黒くなるので、切り口にレモンをこすりつけたりレモン水に浸したりしながら処理していきます。

サラダにしたりパスタの具にしたり、リゾットに入れたりとあらゆる料理に使用できる万能野菜。

食感はとっても筍チック(もう少し柔らかい)で、独特の香りもあってとても美味しいお野菜です。

イタリアではとってもお安いのですが、日本はビックリするぐらい高価だし鮮度も悪くて手が出ません。
本当に貴重なものをありがとうございました。
シンプルにアーリオオーリオでソテーして、塩・こしょう、最後にバルサミコをふりかけていただきました。美味しくて懐かしいお味でした。010.gif
b0107003_065715.jpg

[PR]
Commented by vruocculu at 2008-05-30 13:39
こんにちは。
早速リンクいただきにまいりました♡
おおーーーカルチョフィーだぁーーー!!!
本当に日本じゃー高いですよね。
私も知り合いの兼業農家さんが作っていらして、
その方から分けてもらうんです。。。。。
沢山美味しい料理あるのにネ!
↑美味しそうで、美味しそうで、見るだけですが、
 ごちそうさまです!!
by miacucina | 2008-05-30 00:10 | イタリア料理 | Comments(1)

自宅で開催するイタリア料理教室やキッチンでのこぼれ話


by miacucina
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31