人気ブログランキング |

カテゴリ:旅(イタリア)( 79 )

ナポリからウンブリアへ

滞在中の時間をほとんどお料理に費やし、笑いあり涙あり夫婦喧嘩もあり等(笑)、ホームステイならではの人間味あふれる生活を満喫したナポリともお別れです。
熱い情熱でたくさんのお料理を教えてくれたマリーサ、ありがとう♡♡
心残りは毎日お腹いっぱいで、ナポリPizza食べずじまいだったこと^^;
b0107003_17283252.jpg

次に向かったのはウンブリア州スポレート。
重い荷物を持っての移動はどこでもイケメンが助けてくれて、なんとか無事に到着♪ 人助けという点ではイタリアって素晴らしい。東京人は見習うべきデス 

滞在先は窓からこんな景色☆高台のアグリツーリズモです。
b0107003_17305121.jpg

美しい緑が広がる風景、イタリアのハートと呼ばれるウンブリア州はどこを切り取っても絵になる美しさ。
b0107003_1732442.jpg

この宿、バスタブが付いていました☆日本を発ってから10日ぶりのお風呂♪♪
思わず「は〜〜〜っ」と声がでました 笑
b0107003_17313086.jpg

この日の夕食は連日の食べ過ぎ解消のため、軽い夕食をリクエスト。
野菜がたっぷりのグリル
b0107003_17481729.jpg

ウンブリアの手打ちパスタ ストランゴッツィ サングイノーシという地のきのことトマトのソース
b0107003_17544779.jpg

軽めでもドルチェは食べます 笑
今回の旅でお初のティラミス
b0107003_1755294.jpg

そろそろ旅の疲れも出ていたのか、部屋でひとりになってこの夜は本当にぐっすり眠りました〜
by miacucina | 2012-12-04 11:35 | 旅(イタリア)
日曜の朝「新鮮な魚を買いに行くから朝ごはんは外で食べよう」とマリーサ。
ナポリの老舗カフェ、ガンブリヌスへ行きました。
b0107003_2055556.jpg

地元民にも観光客にも大人気のカフェ。
b0107003_20553072.jpg

クラッシックな内装はいつ行っても素敵♪
b0107003_20554650.jpg

ナポリに来たらこれを食べなくてはいけません、スフォリアテッレ♡
何層にも折り重なったパイ生地に包まれているのはレモンの香りのリコッタ入りクリーム。
セモリナ粉が入っているので、想像よりもずしりとしたクリーム。

スフォリアテッラには生地違いのものがもう一つあり、そちらはフロッラと呼ばれていてもう少し柔らかい感じのパイ生地。ちなみに前述のパリパリバージョンはリッチャと呼ばれています。
クラシックなジノリのカップが素敵ですね。
b0107003_2056589.jpg

テラスでの気持ち良い朝食後向かったのは、メルジェリーナ。ナポリ中心部から西へバスで15分程の場所。
b0107003_20573019.jpg

市内の喧騒とは打って変わって、のんびりとした雰囲気。日曜だったので家族連れでお散歩している人も多く、街並みもなんとなく可愛い感じです。
b0107003_2059257.jpg

海岸通り沿いに何軒も並んでいるのは漁師直営の魚屋さん屋台。バンカレッラと呼ばれています。
b0107003_20592684.jpg

新鮮なお魚がいっぱい♪
b0107003_20594776.jpg

おじさんの目つきが鋭いっ!海の男だわ 笑 貝の種類も豊富です。
b0107003_2101496.jpg

バンカレッラのほかに、船からたらいに魚を移して即売中の漁師さん。
マリーサはここでタコをGet。
その場で頭の中を掃除してもらい、出たゴミはポイポイその辺に放り投げるとウミネコがすぐ片づけてくれる。
b0107003_2104310.jpg

帰ってすぐに茹でました。頭を持って、少しずつお湯に浸けていくと足の形がくるりんときれいに丸くなる。
b0107003_2105610.jpg

茹であがり〜♪ このツヤは新鮮なタコならではでしょう。
b0107003_2111445.jpg

サラダにしていただきました(*^_^*)
b0107003_2113019.jpg

茹でたてのタコは柔らかく、とても美味です。
東京ではなかなか生のタコに出会えないけれど、いつか教室でも茹でダコやりたいな〜
by miacucina | 2012-11-28 10:50 | 旅(イタリア)
サルトゥ・ディ・リーソはナポリで人がたくさん集まるときの定番料理、クリスマスにも良く作るとか。
ケーキのような外観は一見シンプルですが、ものすご〜く手が込んだお料理なのです。
b0107003_9564238.jpg

まず外側は、トマト味のご飯。といってもサルシッチャやプロシュット、ポルチーニなども入れてトマトの水煮缶を5缶ぐらい使用する豪華版。
b0107003_10142164.jpg

固めのリゾットにします。
b0107003_10142664.jpg

中に入れるものがまた豪勢です。
ポルペッティーネ(小さい肉団子)
b0107003_1017215.jpg

ゆで卵、モッツァレッラ、グリンピース、パルミジャーノにペコリーノをたっぷり詰め込みます。
b0107003_10182476.jpg

最後にリゾットで蓋をして・・・の予定が、この日はハプニング発生!なんとリゾットが足りなくなった!
そこで急きょマリーサの長女ルチャーナが助っ人として登場☆
几帳面な彼女が一部組み立て直し、なんとか収まりました。かなりのお料理上手と見た♪
b0107003_10194976.jpg

出来上がり断面はこんな感じです。
b0107003_95714.jpg

これが美味しくないわけがない!
出来立ての一番美味しいところを食べられる、なかなか外食ではそうは行きませんから最高の贅沢♡
ただこの料理、総カロリーはどのぐらいなのでしょう〜???笑


お客様の多いときにぜひ作ってみたいお料理です♡
by miacucina | 2012-11-25 14:31 | 旅(イタリア)

モッツァレッラ工場見学

ナポリから東へ車で1時間半。ペストゥム近郊のモッツァレッラ工場Vannuloを訪れました。
やっぱり一度は本場の水牛モッツァレッラが作られるところを見てみたく、やっと実現♪
b0107003_23103563.jpg

こちらの工場、イタリア各地からも訪問者が多数。みなさん発泡スチロール箱でたくさん持ち帰っていました。
この日のドライバーさんも家族のために購入♡ 大人気ですね~
アテンドしてくださったのはこちら。ホームステイの手配もお世話になりました♪

のどかな田園風景の中、美しく整備された敷地。
b0107003_23113399.jpg

こちらではビオロジコのチーズを作っています。
飼料もすべてオーガニック、牛に予防接種も禁止のため環境には細心の注意が。
清潔な工場内はほとんど臭いもなく、清潔です。
b0107003_23123599.jpg

つぶらな瞳でじっと見つめる水牛ちゃん♡
b0107003_23125369.jpg

搾乳がお休み中の水牛たち、の〜んびりバカンス中。
b0107003_23131480.jpg

チーズ作りはガラス越しに見学できます。
b0107003_23135320.jpg

チーズをちぎって丸めているところです。2人でリズミカルに作業が進みます。
b0107003_23103563.jpg

こちらはカフェコーナー。水牛ミルクのヨーグルトやジェラートが売られています。
b0107003_2315132.jpg

b0107003_23153058.jpg

出来立てモッツァレッラをさっそくお味見しました☆じゅわーっと新鮮なミルクが染み出します。
b0107003_23154881.jpg

ジェラートもお味見。もっと濃厚かと思ったけれど、意外にさっぱりしていました。
b0107003_23161028.jpg

最後にマリーサから教わったモッツァレッラの保存方法を。
チーズと一緒に入っているお水は絶対に捨てないこと、これに浸けておくことがとても大事。
そして切った時に染み出したミルクもお水に戻す。
ちなみに彼女は冷蔵庫には入れず、常温においていました。これは新鮮だからできることなのかも
b0107003_12363746.jpg

by miacucina | 2012-11-21 11:00 | 旅(イタリア)
朝から食材調達へ。
まずはトラックに近郊の無農薬野菜を積んで売りに来ている八百屋さん。
b0107003_2146472.jpg

新鮮でものがいいので大人気☆この日は軽く15人待ち。
「ちょっと来るのが遅かったわ(T_T)」とマリーサ。
何種類もの葉物野菜が目をひきました。ナポリの人はこの菜っ葉系が大好きなのです。
b0107003_21463838.jpg

これはナポリの葉野菜、フリアリエッリ。プーリアのチーマ・ディ・ラーパそっくりです。オイル蒸しにするのが一般的。
b0107003_10583915.jpg

待ち人をさばくのはこの機械。番号札を引いて、大人しく(もちろんおしゃべりはしてますが)自分の順番を待つ。
b0107003_21465159.jpg

南イタリアはトマトが美味しそう♡なんやかんやで1時間は待ったでしょうか、その間マリーサはそばにいたシニョーラとすでにお友達になって、家族構成やら料理情報の交換やらでにぎやかです。あたしまだなの〜?と八百屋のおじさんにプレッシャーをかけるのも忘れてません。
b0107003_21484687.jpg

お次は魚屋さん。いつもは電話で注文、配達してもらっているそうですが、私が見たいだろうとちょっと遠いのにわざわざ連れて行ってくれました。
マリーサ曰く、ナポリに魚屋はたくさんあれど、本当に新鮮なお店は少ないとのこと。
b0107003_21472045.jpg

信頼されているお店だけあって、すでに魚がほとんど売れてしまっていましたが、マリーサ家の分はしっかりお取り置きしてありました。
b0107003_21473670.jpg

新鮮そうなイカ。
b0107003_2150238.jpg

この後、雑貨やさんなども覗きながら買い物だけで3時間ぐらいかかってしまいました〜

一休みして作り始めたのは、魚介ソースのパッケリ。
写真のほうぼう、海老、イカ、タコ、ムール貝、あさり入り。もちろん魚屋さんで買ったばかりのもの。
b0107003_21513822.jpg

ぐつぐつ煮えるお鍋の中、間違いなく美味しい♪
b0107003_21521897.jpg

こんな豪華なパスタになりました。もちろん激ウマでした。
b0107003_21525013.jpg

こちらの写真はナポリ名物Dolce、ババ発酵中。
b0107003_215395.jpg

ちょっと疲れて発酵中に昼寝してしまい(^_^;)
起きたら焼きあがっていました。

この他、野菜のお料理やムール貝の料理も作って、昼ごはんの予定が夜ご飯になり(笑)あっという間に日が暮れ1日目が終了です。
もちろんお腹いっぱーい!
b0107003_22435735.jpg

by miacucina | 2012-11-16 11:09 | 旅(イタリア)

ナポリへ a Napoli

ナポリに到着♪ 4泊5日でお料理修行の始まりです。滞在中はずっと快晴で、夏に戻ったようなお天気でした。
b0107003_016386.jpg
b0107003_0164147.jpg

滞在先のお宅に到着してすぐ「晩ご飯はこれよ〜」と見せてくれたデッカイ鯛♪ 魚嬉し〜!!
御用聞きの魚屋が持ってきたけど、電話ではそれほど大きくないよと言ってたとか・・・
この後アックアパッツァになりました。
b0107003_0185478.jpg

小ぶりな生タコをテラコッタの鍋でオイル蒸し。トマト、オリーブも加えて。
b0107003_019941.jpg

パスタとあえていただきました。
b0107003_0195445.jpg

料理の師匠はこちら、マリーサ。
とてもパワフルで明るくてお茶目なシニョーラ。誰とでもすぐ仲良くなっちゃう特技の持ち主。
b0107003_0202629.jpg

滞在中、大いに笑って一緒にお料理をたくさん作りました〜
by miacucina | 2012-11-14 14:41 | 旅(イタリア)

ローマ最後の夜ご飯

旅行記なかなか進みませんね・・・^^; まだローマにいます。
最後の夜ごはん、やっぱりコテコテのローマ料理を食べなくては!と意気込んでいたのですが、ちょっとお疲れ気味で遠くへは行けず、ホテルから徒歩圏内のお店へ。あ、このお店の名前なんだっけ?カクニンします・・・追記:Matricianellaです

今日もカルボナーラ、食べ比べが大事。美味しかったけど、ロッショーリの圧勝。
b0107003_21452051.jpg

ズッキーニの花のフリット。ちょっと衣が厚め。
b0107003_21454394.jpg

ローマ風カルチョーフィ
b0107003_21464890.jpg

セコンドはアバッキオ(乳飲み仔羊)
どっかーんと来たこのお料理、私は一切れしか食べられず、でも羊ニガテなのにとっても美味しかった。さすが本場。
残りを全部Tちゃんたいらげる!!さすが肉食系女子!頼りになるわ~笑
b0107003_2146117.jpg

がっつりローマの味をいただいて、お隣の席のアメリカから来た彼と彼♡ビミョウ
の行く末を案じつつ、満足して帰途につきました。

こんな素敵な街角ともお別れ、明日からは一人です。心細い〜・・・・
b0107003_21474475.jpg

by miacucina | 2012-11-12 22:07 | 旅(イタリア)

ローマのEATALY

ローマ最終日、Tちゃんは翌日帰国です 涙
滞在中2人のお気に入りとなったla buvetteで朝ごはん。
b0107003_1203898.jpg

b0107003_1232320.jpgb0107003_1242021.jpg












Vittoria通りにあるこちら、地元のおしゃれさんがたくさんやって来るので目の保養になって楽しい♡♡

そして今年ローマにOpenしたイタリア最大のEATALYへ。
東京でもすっかりお馴染みですが、本国は規模が違います。
吹き抜け4階建て。食材別食事コーナーやレストラン、会議室・研修室などもあり。
b0107003_12151756.jpg

b0107003_1244557.jpg

野菜・肉・魚・ワイン・パスタ・チーズ・ドルチェ・ジェラート・パン・オリーブオイル・本・キッチン用品etc.
イタリア食材の宝石箱や〜笑
b0107003_1219950.jpg
b0107003_12201814.jpg

圧巻の生パスタ
b0107003_12373484.jpg

ビールコーナーでは地ビールも作っている模様
b0107003_12233416.jpg
b0107003_12234955.jpg

出来立てモッツァレッラコーナー
b0107003_122499.jpg

ただしこれはちょっとイマイチでした・・・
b0107003_12242511.jpg

肉コーナーでTちゃんのテンションが一気に上昇☆
b0107003_1345063.jpg

各食材コーナーごとに食事スペースがあって、混んでいたのはやっぱり肉!
b0107003_12244862.jpg

illyのカフェコーナーにはillyコレクションカップで作られたシャンデリア!?
b0107003_12251173.jpg

ピアディーナ実演コーナーも
b0107003_12543693.jpg

〆はやっぱりジェラート。
こちらのLaitというお店、アルプスの牛のミルクで作られるソフトクリームタイプ。
めちゃめちゃ気に入りました♡♡肝心の写真がなかった(^_^;)
b0107003_1226282.jpg

食好きなら間違いなく1日楽しめる空間です。
by miacucina | 2012-11-10 13:17 | 旅(イタリア)
ローマからちょっと話が飛びますが、
パドヴァ(ヴェネト州)滞在中、アンティーク市を初体験しました♪
b0107003_12231598.jpg

ヨーロッパ最大の美しい広場、プラート・デッラ・ヴァッレで毎月第3土曜日に開かれています。
書籍・家具・置物・洋服・雑貨・アート系・服飾雑貨などお店によって扱うものの傾向がはっきりしています。
中には家から持ってきたガレージセールみたいな方もいたけど 笑

アンティークなんてまったく分からないので、古いパスタカッターがあるといいなぁと思いながら・・・
見つけました☆
柄が木製のものと
b0107003_11575337.jpg

全体が真鍮のもの
b0107003_1158511.jpg

こっちの方が嬉しかった(*^_^*)反対側にも歯がついています。
今はステンレスやアルミのカッターが多くなっていて、真鍮のものは少ないし値段も高い。
でも切れ味はやっぱり真鍮がいいんです。
どんな人が使っていたのかな?

もう1点、この色合いと形に一目惚れして買ったエスプレッソカップ。一度お店を離れたけれど、なんだか気になって引き返しました。
b0107003_11573514.jpg

お店のおばさんは1940年代のジノリよ、って言ってましたがどうなんでしょう?うそでも可愛いからいいわと思えたカップです。
b0107003_11572138.jpg

お値段はそんなに高くなくて、カッターは2つ買ったら値引きもあったりで、秋晴れの中のお散歩はかなり楽しい経験でした。

宝探しまた行きたいな〜♡
by miacucina | 2012-11-09 15:07 | 旅(イタリア)

ローマの休日2日目

ローマ2日目。滞在先はこちらにお願いしたウルトラ便利な場所にあるプチホテル。可愛い内装に2人ともテンションが上がります 笑

近くにある'Gustoでランチ。
b0107003_15164680.jpg
b0107003_15172027.jpg

リストランテ、ピッツェリア、ワインバー、キッチン用品店を併設するオシャレなお店です。
お天気が最高に良かったので、テラス席で。
私はお野菜不足解消のため、ビュッフェを選んで野菜てんこ盛り。
b0107003_15183647.jpg

爽やかな風を感じながらのランチ、最高です♪
b0107003_15213086.jpg


この後、ベタなローマ観光をしたあと夕方からワインバーを2件ハシゴ。

そして私が行きたかったRoscioliロッショーリへ。
以前、動画でカルボナーラを撮影した際、レシピを使う候補に挙がったお店の一つで、ガンベロロッソでローマ一美味しいカルボナーラと認められたこともアリ。
お惣菜店と聞いていたので庶民的なお店をイメージしていましたが、モダンな内装の素敵な店内。
b0107003_1530242.jpg

b0107003_1553134.jpg
b0107003_15302069.jpg

あのとき調べたレシピだと、かなりヘビーな分量だったけど、そんな重さを感じさせないふんわりカルボナーラでした。特にグアンチャーレの食感がさっくさくで美味しかった(*^_^*)

それと今回ローマはどこへ行ってもパンが美味しい。皮はパリッと、中はもっちり系。バリエーションも豊富でした。
by miacucina | 2012-11-07 12:22 | 旅(イタリア)

自宅で開催するイタリア料理教室やキッチンでのこぼれ話


by miacucina
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30