人気ブログランキング |

カテゴリ:旅(イタリア)( 79 )

ティエッラ

今回のプーリアでの滞在先はMakiさん宅。
プーリアにお嫁に行って頑張っているパワフルで自然体、とっても素敵なSignoraです016.gif
夜はMakiさんからマンマ直伝のお料理をたくさん習いました。

私がとても楽しみにしていたのが「ティエッラ」
ムール貝とお米とじゃがいもを重ね焼きするお料理です。

小ぶりだけど超新鮮なムール貝をナイフで開け、半分貝殻をつけた状態で器に並べ美味しいムール貝のスープを吸わせるべくお米を少々のせます。
b0107003_0585999.jpg


あとはトマト・イタリアンパセリ・にんにく・パルミジャーノぐらいとシンプル。あ、忘れていけないのはじゃがいもです。
一番上にのせて、時々下にたまった美味しいスープをじゃがいもにもかけて。
b0107003_15046.jpg

じゃがいもとお米とムール貝が渾然一体となってたまらなく美味しかったです010.gif
b0107003_0553493.jpg


Makiさん宅が7/20発売、新潮社「旅」プーリア特集に掲載されます!
マンマも登場なので皆さん読んでみてくださいね~
by miacucina | 2008-07-11 01:07 | 旅(イタリア)
プーリアの代表的パスタといえば「オレッキエッテ」
耳の形をしたパスタです。
この地方のパスタは卵は使わず、粉と水だけで作ります。

到着翌日から早速マンマのレッスン。
待望の本場の手打ちパスタを習いました。

b0107003_21401542.jpg

マンマの指導の下、みんな真剣!
ナイフでカットしながらすぐ耳型に成型してピュッっと飛ばすマンマの技にしばし見とれて・・・
b0107003_21402498.jpg

こんなにたくさん出来ました056.gif

今回初めてわかった衝撃の事実が2つ!
①セモリナ粉が日本のより細かい2度挽きだった
②こねる時は熱いお湯を使う
この2つによりあの固くてこね辛かったセモリナ粉が別物のように扱いやすく、
食感もコシはあるけどつるんとソフトな仕上がりで感動016.gif

このときはシンプルなトマトソースでいただきました。
Buonissima!!
b0107003_21393839.jpg

by miacucina | 2008-07-08 21:58 | 旅(イタリア)
一周年記念やっと更新。
今回はシチリア東部カターニャの市場です。

ここが入り口。急に風景が変わります。
b0107003_18121494.jpg


イタリアのしらす、大きい。
b0107003_181449.jpg


四方が海のシチリアだけあって海の幸が豊富。
b0107003_18142952.jpg


この方、マグロ屋の名物おじさん。無理やり巨大のこぎりを持たされ・・・(その割りにうれしそう?)
b0107003_18145024.jpg


挙句の果てに素手でトロつかまされ、「やだ~!」と抵抗するも軽く無視。
イタリアでは日本のようにマグロの部位ごと値段が違わないのです。どこでも一緒。
写真の大トロだって1kg15~20ユーロぐらい(?)だったと思います~おじさん「日本ではこれはいくらだ?」私「10倍以上はすると思うよ~」おじさん「おい!聞いたか~みんな~!!」というやりとりを日本人みつけるたびにしている模様・・・
このあと手が臭くて大変でした(-_-;)

b0107003_18151293.jpg

貝類も豊富で、見たことない種類も。

b0107003_18153113.jpg

とこぶしみたい。

b0107003_18154845.jpg


これがシチリアのウニ。小ぶりなんです。

b0107003_1816936.jpg


シチリアの市場の中でこのカターニャが一番パワーがみなぎっていてインパクトありました。
by miacucina | 2007-07-02 18:22 | 旅(イタリア)
3年前、トスカーナのシエナへ料理留学した時のこと。
先生のセレナに連れられて行った先はプロ御用達の市場?倉庫みたいなところ~
朝早かったので誰もいない・・・
b0107003_19413764.jpg

生ハム生ハム生ハム
b0107003_19415119.jpg

肉肉肉
b0107003_1942549.jpg

右の棚、パスタや粉ですが、1Kg以上の大袋ばっかり~立ってるLadyはアメリカ人のアンジェラ♪元気かな?
b0107003_19421464.jpg

スカンピ・スカンピ・スカンピ トスカーナでは冷凍
b0107003_19422570.jpg

野菜市場へ異動
b0107003_19423658.jpg

カルチョーフィ(アーティチョーク) 新鮮&きれい
b0107003_19424786.jpg

ポモドーリ(トマト) これってトマトの原種だよ~と言ってたのはアンジェラ
b0107003_19425663.jpg

ファジョリ(白いんげん豆)こんな赤いさやに入っているのです
b0107003_1943483.jpg


野菜の味の力強さに感動の毎日でした☆懐かしいな・・・
by miacucina | 2007-05-27 20:13 | 旅(イタリア)
みなさーん、なんと明日27日でブログ開設一周年です。
細々とですが続けてもう1年経ったのですね。いつも見てくださってありがとうございます。

昨年は諸事情によりイタリアへは行けず、今年こそと思っていたところ諸事情発生で、もうもう涙が出るくらい行きたいですよ~秋には絶対行きますから!!

というわけで一周年記念、恋しいイタリアを思い出しつつ大好きな市場(メルカート)特集してみることにしました。

第一回目はフィレンツェ中央市場。駅からも近いので、行ったことある方も多いと思います。
b0107003_1391265.jpg

2階建ての中央市場。これは2階で主に野菜や果物を売っています。2階の写真これしかなかった(^^ゞ

b0107003_1392772.jpg

1階は肉・魚・乾物類(パスタや瓶詰めものなども~)ここはお腹が空いた人のためのイートインコーナー。フィレンツェ名物ランプレドット売ってます。これ私あまり得意ではないので、詳しいこと書けませんが、牛の胃袋を柔らかく煮込んだもの。トリッパが第2胃袋でランプレドットが第4胃袋だそうな。これをパンにはさんで食べる、フィレンツェ式バーガーといったところでしょうか?
おじさんが切っているのは内臓じゃないな~茹でた塊肉のようです。
新鮮な牛肉が豊富なこの地方ならではの料理です。

b0107003_1394410.jpg

そしてこの方、かなりの有名人。生ハム・サラミ・ソーセージなどを売るペリーニのおじさん。
気前良く何でもお味見させてくれ、誰が教えたのか「真空パック、真空パック!」と日本語で連発。
b0107003_1312155.jpg

ペリーニのショーケース。中央に移っているのは私の大好きなプロシュート・コット(加熱したハムで日本では骨付きハムっていうのに似ています)生ハムは熟成の程度が違うものが何種類も揃ってます。

b0107003_1395214.jpg

ここが臓物屋さん。牛の胃袋だらけ。圧巻。

b0107003_1310775.jpg

市場の外の屋台で夫が買った先ほどのランプレドット。ここのは少しトマト味。パンを汁に浸すのか、辛いソースつけるか等いろいろ注文聞いてくれます。

あまりいい写真がなくってごめんなさい。
もっと詳しく知りたい方は私の愛読書「イタリアの市場を食べ歩く」池田克美・池田愛美がオススメですよ。
by miacucina | 2007-05-26 13:48 | 旅(イタリア)

じいちゃんず

もうすぐ夏も終わりですね。
b0107003_14101612.jpg


イタリアでよくよく見かけた光景です。
夕方少し涼しくなるとどこからともなくじいちゃん達が広場に集まってきます。そしてお気に入りの位置に腰をかけ、通り過ぎる人をボーッと眺めたり、世間話をしたり、私のようにカメラを向けた人をからかってみたり・・・
どのじいちゃんも悲壮感はまるでなし。人生は楽しい♪って感じでした。

b0107003_14113648.jpg


こちらの写真は町でみかけた看板。
椅子に座っている方達は、シチリア名物のアランチーニ(ライスコロッケ)(^^)
by miacucina | 2006-09-08 14:15 | 旅(イタリア)

グラニータ

b0107003_23313746.jpg


b0107003_23325976.jpg

ここのところイタリアネタがなかったし、今日も暑かったのでこんなの載せてみます。

シチリアで毎日のように食べていたグラニータ☆
滞在していたタオルミーナでは地元民オススメ「Bam Bar(バン・バール)」に通いました。
お店の外壁のメニューです。可愛いでしょ。

b0107003_23303626.jpg


イタリア版カキ氷なんですが、日本のと違うのは

①シャキシャキじゃなくってふんわりしているところ
②シロップをかけるのではなく、最初から全体がその味になっていてフレッシュな材料で作られているところ
③ブリオッシュにつけて食べるところ
でしょうか~

③は好みなので、頼まなくてもokです。ちなみにシチリアの方々はこれを朝ごはんにすることもあるらしい。はさんで食べるのです。

一番好きだったのが生クリームが乗っているコーヒー味のものGranita di caffe con
panna。
写真の赤いのはフラーゴレ(イチゴ)、白いのはリモーネ(レモン)だったと思います。

どれも美味しかったなあ・・・
ちょっと涼しくなりましたか?
8月の特別教室ではこれをデザートにする予定です♪
by miacucina | 2006-08-04 23:38 | 旅(イタリア)

レモン?

b0107003_23545346.jpg


久々のイタリアネタです。
この写真の巨大レモン、何だと思いますか?
ちなみに左に写っているのが普通サイズのレモンです。
これはシチリアではCetro(チェトロ)と呼ばれていたレモンの一種です。

シチリアに到着して街をブラブラしていたら、これが目につきました。何だろう???と思い、早速八百屋のおばさんに質問。そしたらとても親切に教えてくれました。

食べ方はレモンみたいに果実を食べるのではなく、皮をざくざくと切って塩・こしょう・オリーブオイルでサラダにするのよ~黄色い皮はむいてもいいし、そのままでもいいのよ~てな具合でした。
食べてみたくて早速買い求め、言われたとおり切ってみると、本当に皮が厚くてしっかりしていました。黄色の皮は普通のレモンと同じぐらいですが、その下の白い部分(レモンだとぶよぶよした部分)が厚くてサクっとしています。拍子切りにして、塩・こしょう・オリーブオイル・レモン汁でサラダにしてみました。
ほのかにレモンのような香りがして、でも酸味はおだやかで、いくらでも食べられる感じでした。
結構好みのタイプでした。サクサクっとした食感も初めての体験でした。今思いつきましたが、水なすを生で食べた時の食感に似ています~

日本ではみかけないですよね。
by miacucina | 2006-07-01 00:04 | 旅(イタリア)

去年の今頃は・・・

昨年は5月中旬から3週間ほどシチリアに滞在しました。
最初の2週間はタオルミーナで語学学校に通いながら家庭料理を習い、
残り1週間でシチリアをぐるりと周遊。
この季節、お天気の良い日にベランダで爽やかな風にあたると、シチリアのまぶしい太陽とオレンジの花の香りを思い出します。
ちょっとだけホームシックならぬイタリアシック状態かも・・・あ~行きたい!!
b0107003_0572075.jpg
写真はタオルミーナのメインストリートからちょっと入ったところにあった八百屋さん。
ディスプレイがとても上手で、毎日ここを通るのが楽しみでした。
もちろんお買い物もしましたよ。
シチリアでのこぼれ話、また少しずつアップします。
by miacucina | 2006-06-03 01:01 | 旅(イタリア)

自宅で開催するイタリア料理教室やキッチンでのこぼれ話


by miacucina
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30