人気ブログランキング |

<   2008年 12月 ( 5 )   > この月の画像一覧

アルバの夕日

クリスマスも過ぎ、今年も残すところあと4日。
おせちの用意も少しずつし始めました。
今日は黒豆を煮ています。

1月の教室は以下の通りです。

1月10日(土) pm12:00~15:30 残席1
1月19日(月) pm12:00~15:30 残席1
1月22日(木) am11:30~15:00 残席1

肉攻めの12月でしたので、1月は絶対に魚介料理!です003.gif

今年、印象に残っている風景のひとつ。
アルバの丘の夕日を。
b0107003_13304470.jpg

by miacucina | 2008-12-28 14:15 | 料理教室

お肉攻めでした12月

今年も最後のレッスンが無事終了しました。
皆様ありがとうございました。

毎年12月はクリスマスメニュー。

アンティパスト : ケーキのアンティパスト
b0107003_1328481.jpg

オリーブやハム、チーズをたっぷり入れた塩味のケーキです。
スプマンテや白ワインにぴったりのアンティパスト、朝ごはんにも良いです。

プリモピアット : トルテッリーニ・イン・ブロード
b0107003_13285799.jpg

ボローニャのトルテッリーニ、クリスマスの時期に食べられるお料理です。
詰め物をした小さなラビオリをたくさん作り、ブロードで茹でます。
セコンドでいただくボッリート・ミストの茹で汁をブロードとして使用、3種類のお肉の旨味が
たっぷり出た、美味しいブロードです。

セコンドピアット : ボッリート・ミスト
b0107003_1329963.jpg

どっかーん、3種類のお肉攻め。ピエモンテや北イタリアで食べられる料理。
牛・豚・鶏を弱火で3時間近く煮て、サルサヴェルデやマスタードでいただきます。
本場は牛中心、部位別にいろいろ取り混ぜて煮込むようです。
うちの教室は、あまりドッカーンとしたお料理出ないのですが、
今回はプチイタリア体験037.gif
b0107003_13292912.jpg

今回は以前、チーズセミナーで出会ったピエモンテの特産「クーニャ」も添えました。これ大人気。
特に豚肉との相性良かったです。

ドルチェ : いちごのズッパ・イングレーゼ
b0107003_13291627.jpg

トスカーナのドルチェ、本来はアルケルメスというリキュールを使用しますが
今回はいちごで。見た通り、想像通りの優しいお味。とっても簡単。

教室に来てくださっている皆さま、お料理を通じて出会った皆さま、ブログを見てくださっている皆さま
今年も1年ありがとうございました040.gif
皆さんとの時間が、私の元気の源となっています。感謝感謝。
来年もさらに良い年になるよう、がんばりま~す。


おまけ : 教室のあとはいつもこんな晩ごはん。
今日はきつねうどん011.gif へへ
b0107003_13293620.jpg

by miacucina | 2008-12-22 14:06 | 料理教室

スプマンテ

EATALYのワインセミナー
先週のテーマはスプマンテ
こちらの3本を試飲しました。
b0107003_1541752.jpg


左より
Bollicine di Prosecco  Serafini&Vidotto ヴェネト州
Alta Langa DOC "Contessa Rosa Brut"2005 Fontanafredda ピエモンテ州
Franciacorta DOCG "Prima Cuvee Brut"  Monte Rossa ロンバルディア州

今までスプマンテに関して大きな誤解をしていました。
フランスのシャンパーニュのように瓶内二次発酵させたものだけが、本当のスプマンテと
思っていたんです(^^ゞ
これは正しくはスプマンテ・クラッシコで、一般的にスプマンテといえば3気圧以上の
スパークリングワインのことを総称しているということでした。
スティルワイン同様、またまたとってもわかりにくいイタリアです。

今回の3本のうち、後者2本はシャンパーニュ法ですが、
最初のプロセッコはシャルマー法と言って、大型タンクで発酵させるやり方です。
有名なアスティ・スプマンテもこのシャルマー法で作られています。

大型タンクで発酵させたほうが品質は安定するし、大量に生産することが
できるので、価格もリーズナブル。
これに対して、瓶内で発酵させるのは、時間と手間がかかり、安定した出来も難しいため高価。

このどちらもが「スプマンテ」でひとくくりになっています。
1000円台のお安いものから1万円近くするものまで、ぜーんぶスプマンテなんです。

で、味についての先生のお話ですが、
プロセッコのようにシャルマー法で作られたものは、ブドウ本来のフルーティな味が
残っていて、フレッシュ。香りは、青りんごや白桃、白い花。

シャンパーニュ法で瓶内発酵させたものは、ブドウ本来の味というよりも、
二次発酵で生まれる香り、味。バニラ、密、トーストの香りなどを感じて、味わいも
なめらかでこなれた印象。使われるブドウもシャンパーニュと同じものが多いです。

どちらが良いということではなく、それぞれの良さをシチュエーションに合わせて楽しんで欲しいとのこと。
プロセッコは軽く一杯っていうときにピッタリだし、
記念日やパーティなどでちょっと奮発したいときは瓶内発酵のもの。

イタリアのスプマンテといえば、アスティ・スプマンテのイメージが強くて
甘いスパークリングって思われているようですが、
美味しいものがたくさんありますので、もっと広まって欲しいです。

ちなみに今回の3本で一番好みだったのは
Alta Langa DOC "Contessa Rosa Brut"2005 Fontanafredda
でした。
ピノ・ネロ70% シャルドネ30%。
by miacucina | 2008-12-10 16:13 | ワイン

クリスマスリース2008

2年ぶりにリースを手作りしました。
b0107003_2159252.jpg

久しぶりに風邪をひいて、家にこもっていたもので042.gif
ちょっと地味目ですが・・・思ったより大きくなりました。
生のモミやヒバからはとーってもいい香りがします、森林浴効果あるかしら?
by miacucina | 2008-12-04 22:06 | その他

12月の日程

連絡事項です。

12月の教室は
  6日(土曜) pm12:00~15:30
 15日(月曜) pm12:00~15:30
 18日(木曜) pm11:30~15:00

2008年最後のレッスンとなりました。早いですね~
お振り替え、お休みの方は早めにお知らせください。
b0107003_22531743.jpg

by miacucina | 2008-12-01 22:54 | お知らせ

自宅で開催するイタリア料理教室やキッチンでのこぼれ話


by miacucina
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31