人気ブログランキング |

<   2012年 11月 ( 14 )   > この月の画像一覧

ローマからちょっと話が飛びますが、
パドヴァ(ヴェネト州)滞在中、アンティーク市を初体験しました♪
b0107003_12231598.jpg

ヨーロッパ最大の美しい広場、プラート・デッラ・ヴァッレで毎月第3土曜日に開かれています。
書籍・家具・置物・洋服・雑貨・アート系・服飾雑貨などお店によって扱うものの傾向がはっきりしています。
中には家から持ってきたガレージセールみたいな方もいたけど 笑

アンティークなんてまったく分からないので、古いパスタカッターがあるといいなぁと思いながら・・・
見つけました☆
柄が木製のものと
b0107003_11575337.jpg

全体が真鍮のもの
b0107003_1158511.jpg

こっちの方が嬉しかった(*^_^*)反対側にも歯がついています。
今はステンレスやアルミのカッターが多くなっていて、真鍮のものは少ないし値段も高い。
でも切れ味はやっぱり真鍮がいいんです。
どんな人が使っていたのかな?

もう1点、この色合いと形に一目惚れして買ったエスプレッソカップ。一度お店を離れたけれど、なんだか気になって引き返しました。
b0107003_11573514.jpg

お店のおばさんは1940年代のジノリよ、って言ってましたがどうなんでしょう?うそでも可愛いからいいわと思えたカップです。
b0107003_11572138.jpg

お値段はそんなに高くなくて、カッターは2つ買ったら値引きもあったりで、秋晴れの中のお散歩はかなり楽しい経験でした。

宝探しまた行きたいな〜♡
by miacucina | 2012-11-09 15:07 | 旅(イタリア)

ローマの休日2日目

ローマ2日目。滞在先はこちらにお願いしたウルトラ便利な場所にあるプチホテル。可愛い内装に2人ともテンションが上がります 笑

近くにある'Gustoでランチ。
b0107003_15164680.jpg
b0107003_15172027.jpg

リストランテ、ピッツェリア、ワインバー、キッチン用品店を併設するオシャレなお店です。
お天気が最高に良かったので、テラス席で。
私はお野菜不足解消のため、ビュッフェを選んで野菜てんこ盛り。
b0107003_15183647.jpg

爽やかな風を感じながらのランチ、最高です♪
b0107003_15213086.jpg


この後、ベタなローマ観光をしたあと夕方からワインバーを2件ハシゴ。

そして私が行きたかったRoscioliロッショーリへ。
以前、動画でカルボナーラを撮影した際、レシピを使う候補に挙がったお店の一つで、ガンベロロッソでローマ一美味しいカルボナーラと認められたこともアリ。
お惣菜店と聞いていたので庶民的なお店をイメージしていましたが、モダンな内装の素敵な店内。
b0107003_1530242.jpg

b0107003_1553134.jpg
b0107003_15302069.jpg

あのとき調べたレシピだと、かなりヘビーな分量だったけど、そんな重さを感じさせないふんわりカルボナーラでした。特にグアンチャーレの食感がさっくさくで美味しかった(*^_^*)

それと今回ローマはどこへ行ってもパンが美味しい。皮はパリッと、中はもっちり系。バリエーションも豊富でした。
by miacucina | 2012-11-07 12:22 | 旅(イタリア)
クレモナからローマへ向かいました。これから3日間はTちゃんとローマデート♡
乗り換えの関係で一度ミラノまで戻り、民間高速鉄道Italoに乗ってローマへ。
b0107003_22315065.jpg

Italoはフェラーリの会長が作った新会社、赤いスタイリッシュな車両が素敵♪
今年開通したばかりなので、車内も綺麗☆スタッフも感じ良かったです。
ただミラノもローマも中央駅ではない駅に停車するので、乗り換えがある場合や大荷物の時にはちょっと不便。

到着後、すぐに向かったのはイタリアソムリエ協会主催のワインセミナー。
現地のコーディネーターをしているSさんのお力添えで、参加できることになりました。
会場のホテルにはこの看板以外にも名だたるワインメーカーがぞろぞろ♡♡
b0107003_2232363.jpg

私たちはイタリア最高の自然派白ワインといえばこの人、といわれるヨスコ・グラブネルの会に。
恥ずかしながらワタクシこの方のワイン飲んだ経験ありませんでした^^;

そしてお気軽な会を想像していたら、こんなに本格的な試飲会!
注がれるワインは8種類、オレンジ色だ〜!!
白ワインのイメージが覆るようなワイン、何でしょう?この香、味、余韻。
シェリー、ドライフルーツ、乾燥したバラの花びら、ドライトマト、ブランデー、くちなしetc. 思わず書き留めたメモには白ワインらしからぬ言葉が並びました。
b0107003_22325759.jpg

ヨスコ・グラブネル氏です。
b0107003_22331298.jpg

ワイン醸造で常に最先端を走り続ける彼は、現在はアンフォラというテラコッタの甕で発酵を行っているそう。アンフォラは古代ギリシャ時代ワインや食物の貯蔵に使われていたものです。2001年からこの方式を採用。
熟成期間もとても長く、一番新しいヴィンテージは2005年です。

真面目で神経質そうなイメージの方、あまり抑揚のない静かな話し方ですがものすごい情熱を内に秘めた人なのでしょう。

不思議な彼のワインは私にとっては白ワインではなく、新しいカテゴリーのワイン・・・難解だったけれど、刺激的な経験でした。

貴重な機会を与えてくださったSさん、ありがとうございました。
by miacucina | 2012-11-06 14:53 | 旅(イタリア)
クレモナから車で30分程、念願のダル・ペスカトーレを訪れました。
イタリアで長く三ツ星を維持している名店です。クレモナに行ったのは、こちらを訪れるためでもありました。

静かな郊外に佇む一軒家、堅苦しさは全くなく、何ともいえない温かい空気が漂う店内。

まずはアペリティフで乾杯♪
こちらではシェフソムリエは日本人の林さん、丁寧にお料理の説明をしてくださいます。
日本語で説明があるとやっぱりとてもわかりやすいです(*^_^*)
b0107003_1603597.jpg

迷った末、私はペスカトーレのスペシャリテが少しずつ味わえるデグスタツィオーネコースのカンパーニャを選択。
でももうひとつのコースにも食べたいものがあって、わがまま言って一部変えていただきました へへへ。そして小食の私、ポーションも少な目にしていただいたので、写真は通常より量が少ないです。

オマール海老のテリーヌ キャビアと生姜のマリネ添え
b0107003_1643581.jpg

ダル・ペスカトーレの定番 かぼちゃのトルテッリ
b0107003_163828.jpg

ほろほろ鳥のラビオリ なすのクリームとカリカリのお野菜添え
b0107003_1603656.jpg

鯛 ウンブリアのEVオリーブオイル、イタリアンパセリ、アンチョビ、ケッパーのソース
b0107003_1603795.jpg

鹿のステーキ カベルネのソースと栗のピューレ  もうこのあたりからお腹がいっぱい^^;
b0107003_1603840.jpg

フォルマッジョ
b0107003_1603910.jpg

プチフール
b0107003_160418.jpg

林さんに選んでいただいたロンバルディアのワイン
b0107003_1664630.jpg

マンマシェフ ナディアさんの料理に対する熱い想いを伺って、一同大満足♡♡
b0107003_1664879.jpg

ロンバルディアの家庭のお料理がどんどん洗練されて、今の形になっていますが
根底にあるものはやはり心のこもったマンマの味。

お店に流れる独特の温かい雰囲気は、このまま泊まってしまいたいと思ったほど。
ぜひまた訪れたい場所です。
by miacucina | 2012-11-02 13:53 | 旅(イタリア)

自宅で開催するイタリア料理教室やキッチンでのこぼれ話


by miacucina
カレンダー