人気ブログランキング |

ローマ最後の夜ご飯

旅行記なかなか進みませんね・・・^^; まだローマにいます。
最後の夜ごはん、やっぱりコテコテのローマ料理を食べなくては!と意気込んでいたのですが、ちょっとお疲れ気味で遠くへは行けず、ホテルから徒歩圏内のお店へ。あ、このお店の名前なんだっけ?カクニンします・・・追記:Matricianellaです

今日もカルボナーラ、食べ比べが大事。美味しかったけど、ロッショーリの圧勝。
b0107003_21452051.jpg

ズッキーニの花のフリット。ちょっと衣が厚め。
b0107003_21454394.jpg

ローマ風カルチョーフィ
b0107003_21464890.jpg

セコンドはアバッキオ(乳飲み仔羊)
どっかーんと来たこのお料理、私は一切れしか食べられず、でも羊ニガテなのにとっても美味しかった。さすが本場。
残りを全部Tちゃんたいらげる!!さすが肉食系女子!頼りになるわ~笑
b0107003_2146117.jpg

がっつりローマの味をいただいて、お隣の席のアメリカから来た彼と彼♡ビミョウ
の行く末を案じつつ、満足して帰途につきました。

こんな素敵な街角ともお別れ、明日からは一人です。心細い〜・・・・
b0107003_21474475.jpg

by miacucina | 2012-11-12 22:07 | 旅(イタリア)

ローマのEATALY

ローマ最終日、Tちゃんは翌日帰国です 涙
滞在中2人のお気に入りとなったla buvetteで朝ごはん。
b0107003_1203898.jpg

b0107003_1232320.jpgb0107003_1242021.jpg












Vittoria通りにあるこちら、地元のおしゃれさんがたくさんやって来るので目の保養になって楽しい♡♡

そして今年ローマにOpenしたイタリア最大のEATALYへ。
東京でもすっかりお馴染みですが、本国は規模が違います。
吹き抜け4階建て。食材別食事コーナーやレストラン、会議室・研修室などもあり。
b0107003_12151756.jpg

b0107003_1244557.jpg

野菜・肉・魚・ワイン・パスタ・チーズ・ドルチェ・ジェラート・パン・オリーブオイル・本・キッチン用品etc.
イタリア食材の宝石箱や〜笑
b0107003_1219950.jpg
b0107003_12201814.jpg

圧巻の生パスタ
b0107003_12373484.jpg

ビールコーナーでは地ビールも作っている模様
b0107003_12233416.jpg
b0107003_12234955.jpg

出来立てモッツァレッラコーナー
b0107003_122499.jpg

ただしこれはちょっとイマイチでした・・・
b0107003_12242511.jpg

肉コーナーでTちゃんのテンションが一気に上昇☆
b0107003_1345063.jpg

各食材コーナーごとに食事スペースがあって、混んでいたのはやっぱり肉!
b0107003_12244862.jpg

illyのカフェコーナーにはillyコレクションカップで作られたシャンデリア!?
b0107003_12251173.jpg

ピアディーナ実演コーナーも
b0107003_12543693.jpg

〆はやっぱりジェラート。
こちらのLaitというお店、アルプスの牛のミルクで作られるソフトクリームタイプ。
めちゃめちゃ気に入りました♡♡肝心の写真がなかった(^_^;)
b0107003_1226282.jpg

食好きなら間違いなく1日楽しめる空間です。
by miacucina | 2012-11-10 13:17 | 旅(イタリア)
お楽しみのディナーはビストロ・ミル・プランタン
レカンのシェフソムリエだった五味さんが地元勝沼で開いたお店です。
窓からはブドウ畑が見渡せる、フランスの田舎のレストランを思わせるような温かい雰囲気のお店。
ほっと肩の力が抜けるような居心地の良さ。ジーンズ姿の五味さんも良いです。

ワインのセレクトは内藤さん&五味さんにおまかせ。私たちはひたすら飲むだけです 笑
せっかく勝沼に来たのだから、オール山梨で。

まずはKIZAN スパークリングで乾杯♪
前菜はみんなでシェア。
 生ハム
 カツオのカルパッチョ
 2色アスパラのヴィネグレットソース
 サーモン アボカド トマトのサラダ
 アカザエビのサラダ
 野菜のピクルス
 野菜のココット(写真なし)
  
どれもワインを楽しむためにピッタリのMenu。地元野菜の新鮮さが際立っています。
b0107003_9114529.jpg

前菜食べながら白ワイン2種。
 ソレイユ甲州2011
 原茂シャルドネ2008

甲州も今までの薄ーいイメージを覆す美味しさでしたが、この原茂シャルドネは絶品。
日本のワイン、ここまで進化していたとは!ワタクシ知りませんでした。
個人的には今回の旅の№1でした。残念ながら非売品。

メイン出来上がる頃にはすでに赤ワインに突入。6人だといろいろ飲めて楽しい♡
 ダイヤモンド ますかっとベリーA Y3 cube 2009
 グレイス ピノノワール 2010
 ダイヤモンド CS&PV 2009
b0107003_9115769.jpg

メインはそれぞれお好みのものをチョイス 
 私は軽めに 真鯛のブリュレ木苺のソース(五味家の自家製木苺だそう)
このソース、ますかっとベリーAと好相性♪
皆さんは 
 豚のロースト
 仔羊のグリル
 鴨のコンフィ

どれも美味しくワインがすすみます。
ダイヤモンド酒造のカヴェルネソーヴィニオン&プチヴェルド2009、こちらも素晴らしく美味しかったのですがすでに私の記憶はとぎれとぎれ(^_^;)   
b0107003_9121031.jpg

最後チーズを食べたような気がしますが、写真がありません。
このあたりになると相当記憶が・・・
デザートはみんないらないってことで、ショコラを1つずつ。

この後宿に戻ってさらに部屋で2本。
どんだけ飲むんでしょうね〜
翌日につづく・・・
by miacucina | 2012-06-27 11:36 | 旅(日本)
1泊2日の短い旅でしたが、食も満喫してきました。
夫婦で食い意地が張っているので、まず食べたいものを決めてから、その周辺にある名所旧跡を回る、というのが国内海外を問わず、旅行のパターンとなっています(^^ゞ

祇園にしむら
ごま豆腐、ハモとたたきオクラのお椀、鯛とマグロのお造り、鯖ずし、八寸、筍・蕗の薹・こしあぶらの天ぷら、ウニともずくの酢の物、焼きアナゴ・山芋・わさびの花の炊き合わせ、ホワイトアスパラ・鱒・山椒の花の小鍋仕立て、豆ごはん
b0107003_11511773.jpg

b0107003_1151024.jpg

嘯月  上生菓子
出町ふたば  豆餅
b0107003_1651775.jpg
祇園いず重  鯖ずし、いなりずし、箱ずし
b0107003_11523519.jpg

それぞれが、想い出に残る美味しさでした。京都の食はやはりハイレベル。もし行かれる方は、どちらのお店も要予約です。ぜひ行ってみてください。
まだまだ食べたいものは尽きません~毎年、春夏秋冬1回ずつ行けたら良いなぁ・・・♡♡

一応、観光もしてました 笑
b0107003_1629972.jpg

鴨川の景色はフィレンツェのアルノ川に似ているような気がしました。水の流れているところ、好きです♡
今回、訪れたお寺は3箇所と少なかったのですが、たまたまどちらも龍の天井画を御開帳中。
天龍寺・大徳寺・知恩院と、龍に御縁のある旅でした。
by miacucina | 2012-05-08 17:05 | 旅(日本)
11月のイタリア旅、ミラノでの最後の夜、ロンバルディア州の郷土料理を食べに老舗トラットリアへ行きました。

ミラノは都会ゆえ、スタイリッシュなレストランやバー、全国各地の郷土料理店も多く、地方を訪れた時よりも食の選択肢は多いのですが、言いかえればそれは郷土料理のお店は探して出掛けなければならないということでもあります。

イタリア料理は地方料理の集合体であることは、今では皆さんご存じのこと。当然都会のミラノにも郷土料理は存在します。

訪れたのはAntica Torattoria della Pesa アンティカ・トラットリア・デッラ・ペーサ
創業は1880年。もちろんお店情報は池田さんのご本から。
b0107003_12372883.jpg


クラシックで落ち着いた雰囲気の店内では、きびきびとしたカメリエーレが忙しそうに動き回っています。
対照的に、年齢層弱冠高めのお客はゆったりと楽しそうに食事をしていて、何ともいえない大人な良い雰囲気。これは期待できそう♡と内心思いながら、何品かオーダーしました。

カルチョフィのサラダ、ブレザーオラ(ロンバルディアの塩漬け牛肉のサラミ)、白トリュフのタリオリーニ、ミラノ風カツレツ、オッソブーコ、バカラのトマト煮込など。
b0107003_12562182.jpg
b0107003_12563234.jpg

b0107003_1257091.jpg
b0107003_12571420.jpg

b0107003_12572843.jpg
b0107003_12574652.jpg

まず気が利いてるなと思ったのは、白トリュフのタリオリーニのタイミング。
日本人はシェアして食べるのを十分ご存じのようで、サラダ、ブレザオーラと共に前菜のタイミングで出してくれました。
なんせこの一皿、本場イタリアとは言えちょっと思い切りの要るお値段なので、当然一人一皿は無理。少しずつみんなで食べようと思っていたことをベテランカメリエーレは察知して、最初に持って来てくれたようです。

お愛想笑いなどせず、淡々と仕事をこなすプロフェッショナルなカメリエーレ、格好いい♡

そしてこの日私が一番感激したお料理がこちら。オッソブーコとミラノ風リゾット盛り合わせ。
b0107003_1225328.jpg

オッソブーコは子牛の骨付きすね肉の煮込みで、骨の中の髄も一緒に食べます。リゾットはサフランで黄金色に染まったミラノと言えばこれ、の1品。

柔らかく煮込まれた肉と美味しいブロード(ブイヨン)をたっぷりと吸い込んだリゾットは、素晴らしく美味しくて、今思い出しても生唾がごっくんです(笑)

この後、Dolceのザバイオーネもしっかりいただき、地元のワインSan Colombanoでいい具合に酔っぱらって、ミラノの夜は更けていったのでした。

また行きたーい!

Antica Torattoria della Pesa 
Viale Pasubio, 10 MILANO
TEL 02-6555741
by miacucina | 2011-02-13 13:02 | 旅(イタリア)
市場見学の後、ミラノで美味しいと評判のPizzaを食べにSPONTINIへ。

タイミング良く席に着くことが出来ましたが、いつも並んでいるんだとか。
どんなPizzaなのか、楽しみです。
そして出てきたのは…
b0107003_10513127.jpg

じゃーん、この大きさサングラスと比較してみてください~厚みもたっぷり。

このお店、食べ物MenuはこのモッツァレッラとトマトソースのPizzaのみ、大きさだけ2種類選べてこれは普通、大盛りAbbondanteもあります。あ、ラザニアもあるようでしたが、誰も頼んでいない模様。
老若男女みなさんこれを食べていらっしゃいます。
結構なお歳の方でも大盛り食べていたりして。

肝心のお味は、生地の底がとってもクリスピーでその上はふわふわ、チーズがとろーり、今まで食べたことのない食感です。美味しい!!
底のカリカリ、わかるかしら?
b0107003_1145970.jpg

食べられないかも、と思いましたが結構ぺロリと行けちゃいます。

どうしてこんなにカリカリに焼けているのか?帰り際作っているところをじーっと観察(怪しい)
大きな丸い鉄板に生地を敷き、トマトソースを乗せてから油をたーっぷりと注いでいました。
この状態で一度焼き、チーズをのせてもう一度。

たっぷりの油が生地を揚げ焼き状態にしていたのですね。

このお店、創業1953年と書いてあります。
歴史あるB級グルメなのでした。また食べたい♡
ミラノへ行かれたらぜひ。
by miacucina | 2010-12-03 11:14 | 旅(イタリア)

ヴェネツィアのバーカロ

昨夜はヴェネツィアのバーカロ(居酒屋)巡りをしました。
どの店にもチケティと呼ばれるおつまみが各種置いてあり、客は立ち飲みでプロセッコやワインなどを飲みながら、これを食べています。
長居はせず、一軒でささっと飲んでは次の店へとハシゴするのがヴェネツィア風。
なんと楽しい風習でしょう!

私達も何軒か周りましたが、昼の料理教室がちょっとヘビーだった為、美味しそうなチケティあまりたべられず^^;

今日はまた昼のヴェネツィアを楽しむ予定です。

b0107003_2345299.jpg

写真はALLA VEDOVA(アッラ・ヴェドヴァ) 「未亡人の店」という意味です。
本当の店名はOSTERIA Ca' d'Oro(オステリア・カ・ドーロ)だそうですが、オーナー兄弟の父が他界し、母親が未亡人になったことから常連の間でこう呼ばれるようになったとか。
b0107003_23582828.jpg

by miacucina | 2010-11-26 00:00 | 旅(イタリア)

自宅で開催するイタリア料理教室やキッチンでのこぼれ話


by miacucina
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31