人気ブログランキング |

タグ:イタリアン ( 121 ) タグの人気記事

パンツェロッティで、休日のランチ。
b0107003_1811108.jpg

ピッツァ生地に具を詰めて揚げるスナックです。
プーリア地方が発祥の地とか。
ミラノにルイーニという有名なパンツァロッティ屋さんがありますね。

モッツァレッラとトマトソース、バジリコを詰めました。立てていないと、熱々は中身がトローり出てきてしまうのです。

揚げたてをフーフー言いながら食べるのサイコー!

そして・・・
b0107003_18173567.jpg

届きました。シニアワインエキスパートの認定証とバッジ。

このバッジ、ちょっといやらしいぐらいに金ピカです・・・純金だったらいいのになぁ 笑




by miacucina | 2011-05-30 18:23 | イタリア料理

Caprese カプレーゼ

美味しい水牛のモッツァレッラが手に入ったので
b0107003_1338317.jpg

ベランダのバジルはまだ大きくなっていないけど、柔らかくて香りも優しい♡

美味しいチーズで作ると、文句なし(*^^)v
by miacucina | 2011-05-17 13:51 | イタリア料理
豆ネタが続きます 笑
b0107003_11482297.jpg

トスカーナの人々もお豆大好き。
マンジャ・ファジョーリと呼ばれています。「豆食い」っていう意味。

茹でた白いんげん豆に、オリーブオイルと塩、こしょう。
セージの香りをちょっと添えて。

十勝のてぼいんげん豆を茹でたら、ぱっくり割れてお花が咲いたようになりました。
優しい優しいお味です。




by miacucina | 2011-05-13 11:55 | イタリア料理

オレンジ第2弾

先日のマルメッラータに続いて、ホントに最後のブラッドオレンジは・・・
b0107003_12192533.jpg

スライスしてシロップ煮に。もちろんこちらも下ごしらえは丸ごと茹でで♪
これ大好きなサンジュリアーノの真似っこです(^.^)
シロップもかけてヨーグルトと一緒に♪
b0107003_12171797.jpg

紅茶に入れると、とってもいい香りのオレンジティーになるんですよ。

GW皆さんいかがお過ごしですか?
私はお腹と喉の風邪をひいてしまって、家でおとなしくしています。
連休後半は青森に帰省して久しぶりに弘前の桜を観てきます♪ がんばれ東北!





by miacucina | 2011-04-30 12:30 | イタリア料理
この方に注文した愛媛産のブラッドオレンジ、タロッコ。
とっても美味しくて、そのまま食べたり、贅沢にスプレムータ・ダランチャ(生搾りジュース)にしたりと堪能していました。
残り少なくなってきたのでマルメッラータ(イタリア語でジャムやマーマレードのこと)を作りました。
b0107003_17215148.jpg

皮が薄く苦みも少ないので、丸ごと茹でる作り方で。

きれいに洗ってから丸ごと5分ぐらい茹でて、好みの大きさに切ります。
あとはグラニュー糖(私はオレンジ重量の50%で)とレモン汁を加えてオレンジが柔らかくなるまで煮ます。ちなみに今回は1時間ぐらいでした。
オレンジ自体の水分が少なくなっていたので、お水も加えました。
b0107003_1722223.jpg

砂糖の量を控えたためにトローり感はなく、ジャムとマーマレードの中間ぐらいに仕上がりました。
仕上げにコアントローで香り付けも。

トーストにサワークリーム+マルメッラータが好きです。リコッタチーズがあればそちらもおすすめ。
白ワインにも合うんですよ。

小さく刻んでケーキやクッキーに入れても良いですね♡




by miacucina | 2011-04-26 17:39 | イタリア料理

速効ケークサレ

陣中お見舞いに焼いたケークサレ。
急に思い立ったので、具は家にあったもので♪
b0107003_1518160.jpg

かぼちゃ・玉ねぎ・グリーンピース・ロースハム・セージ・パルミジャーノ・イタリアンハーブミックス
野菜は炒めてから加えます。
b0107003_15182336.jpg

お土産なのに、写真用に一切れカットしちゃいました(^^ゞ




by miacucina | 2011-04-22 15:26 | イタリア料理

スフレチーズケーキ

少しずつ震災の復旧が進んでいるようです。
東北の人は我慢強くて、あまり思いを多く語らないけれど、
もっと吐きだして欲しいと思います。我慢しないでください♡ 皆で受け止めるから・・・

お休みになってしまったクラスの食材、マスカルポーネでスフレチーズケーキを焼きました。
焼き上がりをほったらかしておいたら、割れちゃった(^^ゞ
b0107003_23572010.jpg


そして、私はほうれん草買います! 食べます!

今私たちにできることは、
風評に惑わされず、正しい情報と知識を得て行動すること。
それから飲食業界のために外食をしてほしい。
自粛モードは復興のための経済を圧迫します。みんなで日本を支えましょう。

b0107003_1134798.jpg


by miacucina | 2011-03-23 00:10 | お菓子
高校の先輩からの情報です。
普段使っているカードやネット通販、ネットサービスで貯めたポイントを災害のための募金に充てることができるそうです。私も早速、楽天やYahooのポイント募金しました~わずかなポイントでもいいのですよ
皆さま、ご協力をよろしくお願いいたします。
コチラをご覧くださいね。

さてさて、我が町のパン屋さんまでもが売り切れ状態、仕方ないので焼くことにしました。
b0107003_23155647.jpg

いつもは作ってもせいぜいフォカッチャかピザ生地まで。パンはどちらかというと苦手科目。
でも考えてみると、お米は自分じゃ作れないけど、パンなら粉があればできる。

せっかく作るのならイタリアのパンと思い、イタリアの小麦粉、水、ビール酵母、塩のみのシンプルなプーリア風のパンにしました。

このザックリとした感じがなかなかイタリアパンらしくて、出来の良しあしはともかく、本人は気に入ってます 笑

粉の風味が良く、オリーブオイルと相性ぴったりのパンです。

b0107003_1134798.jpg


by miacucina | 2011-03-20 23:45 | イタリア料理

ヴェネト料理の会

昨日は翻訳のお仲間と我が家で食事会。テーマはヴェネト料理。
イタリア通の皆さま相手に、お恥ずかしながらワタクシが料理担当させていただきました(^^ゞ
あ、こちらはヴェネト料理じゃなくって、思いつきアンティパスト♪ 最後にレシピのせておきます。
b0107003_14321266.jpg

フランチャコルタCa' del Bosco で乾杯♪
b0107003_1433830.jpg

メンバーは、翻訳チームの親分Kさん、イタリア在住30年で里帰り中のMさん、イタリアで7年暮らして帰国されたMさん、私の4名。
当然のことながらイタリアの話題で盛り上がり、そのほとんどが食の話題。
皆さんの豊富な経験、知識をお聞きするのがとても楽しく、あっという間に時は過ぎて・・・空瓶だけが残った(笑)
b0107003_14443876.jpg


途中のお料理の写真はいつものことながら、ピントのあったものが撮れませんでしたぁ。
ちなみに作ったお料理
  生ハムといちごの前菜
  バカラマンテカート
  かぼちゃのサオール
  イワシのサオール
  ビーゴリ・イン・サルサ
  イカの墨煮&白ポレンタ
  スブリソローナ

皆さん、楽しいひと時をありがとうございました♡♡

<生ハムといちごのアンティパスト>  
生ハム8枚 いちご10粒 ルッコラ1パック トレヴィス5~6枚 EVオリーブオイル大1 バルサミコ酢小1~2 塩・こしょう少々

 1.ルッコラとトレヴィスは洗って水けを切り、生ハムの幅ぐらいの長さに切って塩、こしょう、EVオリーブオイルをまぶしておく。いちご8粒は縦半分に切る。残り2粒は縦1/4に切る。
 2.生ハムを広げ、手前にルッコラとトレヴィス、1/2に切ったいちごを2個のせてくるくると巻く。巻き終わりを下にして皿に盛り、1/4に切ったいちごを上に飾る。
3.食べる直前にEVオリーブオイル、バルサミコを振りかける。
b0107003_15143346.jpg


by miacucina | 2011-03-01 15:12 | イタリア料理
11月のイタリア旅、ミラノでの最後の夜、ロンバルディア州の郷土料理を食べに老舗トラットリアへ行きました。

ミラノは都会ゆえ、スタイリッシュなレストランやバー、全国各地の郷土料理店も多く、地方を訪れた時よりも食の選択肢は多いのですが、言いかえればそれは郷土料理のお店は探して出掛けなければならないということでもあります。

イタリア料理は地方料理の集合体であることは、今では皆さんご存じのこと。当然都会のミラノにも郷土料理は存在します。

訪れたのはAntica Torattoria della Pesa アンティカ・トラットリア・デッラ・ペーサ
創業は1880年。もちろんお店情報は池田さんのご本から。
b0107003_12372883.jpg


クラシックで落ち着いた雰囲気の店内では、きびきびとしたカメリエーレが忙しそうに動き回っています。
対照的に、年齢層弱冠高めのお客はゆったりと楽しそうに食事をしていて、何ともいえない大人な良い雰囲気。これは期待できそう♡と内心思いながら、何品かオーダーしました。

カルチョフィのサラダ、ブレザーオラ(ロンバルディアの塩漬け牛肉のサラミ)、白トリュフのタリオリーニ、ミラノ風カツレツ、オッソブーコ、バカラのトマト煮込など。
b0107003_12562182.jpg
b0107003_12563234.jpg

b0107003_1257091.jpg
b0107003_12571420.jpg

b0107003_12572843.jpg
b0107003_12574652.jpg

まず気が利いてるなと思ったのは、白トリュフのタリオリーニのタイミング。
日本人はシェアして食べるのを十分ご存じのようで、サラダ、ブレザオーラと共に前菜のタイミングで出してくれました。
なんせこの一皿、本場イタリアとは言えちょっと思い切りの要るお値段なので、当然一人一皿は無理。少しずつみんなで食べようと思っていたことをベテランカメリエーレは察知して、最初に持って来てくれたようです。

お愛想笑いなどせず、淡々と仕事をこなすプロフェッショナルなカメリエーレ、格好いい♡

そしてこの日私が一番感激したお料理がこちら。オッソブーコとミラノ風リゾット盛り合わせ。
b0107003_1225328.jpg

オッソブーコは子牛の骨付きすね肉の煮込みで、骨の中の髄も一緒に食べます。リゾットはサフランで黄金色に染まったミラノと言えばこれ、の1品。

柔らかく煮込まれた肉と美味しいブロード(ブイヨン)をたっぷりと吸い込んだリゾットは、素晴らしく美味しくて、今思い出しても生唾がごっくんです(笑)

この後、Dolceのザバイオーネもしっかりいただき、地元のワインSan Colombanoでいい具合に酔っぱらって、ミラノの夜は更けていったのでした。

また行きたーい!

Antica Torattoria della Pesa 
Viale Pasubio, 10 MILANO
TEL 02-6555741
by miacucina | 2011-02-13 13:02 | 旅(イタリア)

自宅で開催するイタリア料理教室やキッチンでのこぼれ話


by miacucina
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30