人気ブログランキング |

タグ:エミリアロマーニャ ( 6 ) タグの人気記事

クリスマスMenu、ハイカロリーなものが続いております 笑

パスタクラスでご紹介したボローニャ風ラザニア
b0107003_959308.jpg

日本でポピュラーな、ミートソースとホワイトソースを重ねたものはボローニャ風と呼ばれています。
b0107003_9594753.jpg

エミリアロマーニャ州ボローニャは美食の町、生ハムやパルミジャーノをはじめとして、肉製品、乳製品には事欠かないところ。
そんな場所産まれだから、ミートソースにホワイトソースもプラスして、おまけにチーズもたっぷりのせちゃうという贅沢なものになったのでしょう。
b0107003_9595853.jpg

ボローニャ風以外のラザニア?
いろいろあります。ミートソースが入らずチーズをたくさん入れるもの、野菜やきのこ等を使うもの、ナポリにはミートボール入りのラザニアもあるし、地方や家庭によってバリエーションが豊富。

そんな中でもボローニャ風は王道。だって美味しいんだもん、この組み合わせ。危険ですけどね~笑

あ、そうそう日本では「ラザニア」と呼ばれておりますが、正しくは「ラーニェ」。ザにアクセントです♡
by miacucina | 2011-12-18 10:30 | 料理教室
アメリカンチェリーをふんだんに使って
b0107003_23445849.jpg

素朴な焼き菓子はイタリアの家庭の味です。型が小さくてケーキに厚みが出たので、チェリーが沈んでしまいました^^;
シリコンの型は何も塗らなくて良いので、ついつい…手抜き反省
b0107003_2346451.jpg


ボローニャ近郊を訪れた時の思い出。
b0107003_2353421.jpg

道端でトラックに積んだフルーツを売るおじさん。
アメリカンチェリーに似たさくらんぼでした。
すごーく甘くておいしかったなぁ・・・





by miacucina | 2011-06-05 00:03 | 料理教室
b0107003_1540633.jpg

先日、ピアディーナの検索数がすごく多いのはなぜ?という記事をアップしました。

ご丁寧にメールをくださった方が教えてくださいました。

サッカー日本代表監督のザッケローニさんが、エミリア・ロマーニャ州の出身で
昨年秋からの日本滞在で、日本食は好きだけど、ピアディーナを毎日食べられないのが辛いとおっしゃったとか。
それでサッカーファンが一斉にピアディーナを検索したらしいとの分析でした。

なるほど、そういうことだったのですね。

今度、ザッケローニ監督に差し入れしちゃおうかな?(笑)

情報を下さったHさん、どうもありがとうございました040.gif
by miacucina | 2011-02-06 15:49 | 料理教室

ピアディーナに何が?

昨日のブログ検索ワード第1位、ピアディーナ
かつてない件数だったので、ピアディーナに何かが起こっているのかしら?ブレイク寸前とか?(笑)

なんのことかおわかりにならない方のために、過去のピアディーナの記事はコチラです。

久しぶりに食べたくなったかも・・・
by miacucina | 2011-02-02 22:45 | イタリア料理

ガルガネッリ Garganelli

来月の教室では手打ちパスタ「ガルガネッリ」を作る予定です001.gif
b0107003_15111271.jpg

エミリア・ロマーニャ州のショートパスタです、トマト入りの生地で作ってみました。

伸ばしたパスタ生地を4~5cm角の正方形に切り、棒に巻きつけて
写真右上のPettine(ペッティネ)と呼ばれる板の上を転がします。

ペッティネとは「櫛」のことなのですが、櫛の歯のようなぎざぎざの上を転がすと、パスタに溝がついて
ソースが絡みやすくなり、また転がすことで合わせ目がしっかりと付き、重なった生地の部分も厚みがならされます。
このペッティネ、昔は「はた織り機」の再利用で作られたものだそう。

乾燥ポルチーニを入れたトマトソースでいただきました。
b0107003_15192445.jpg

また残暑がぶり返したので、キーンと冷やしたワインも♪
b0107003_153158100.jpg


手打ちパスタはやっぱり美味しいなぁ♡
なかなか皆さんはおうちで作られないようですが、この美味しさは手打ちならではのもの。
ガルガネッリのようなショートパスタは冷凍もできるので、ぜひ挑戦していただきたいです。
by miacucina | 2010-09-21 15:29 | イタリア料理

ピアディーナ

今月の教室で紹介しているピアディーナ
b0107003_2250176.jpg

「エミリア・ロマーニャ州の薄焼きパン」と言ったらわかりやすいでしょうか。
ピザ生地とインドのナンを足して割ったような感じです。

現地では、主に屋台系のスナックとして売られており、生ハムやサラミ、ソーセージ、チーズ等をはさんで食べます。
パルマの生ハムをはじめ、モルタデッラソーセージクラテッロが特産品のエミリア・ロマーニャは、良質の豚肉の生産地であり、このピアディーナも生地にラードを入れるのが特徴です。

ボローニャでこれを習った時は、牛乳とPanna da cucina(下写真:料理用生クリームで、トロリと濃厚な感じ)を使用、ラードを使いませんでした。が、このPanna da cucina、日本では手に入らないので、いろいろ試作を重ねた結果、やはりラードを使うトラディショナルなレシピに落ち着きました。
b0107003_23335931.jpg

b0107003_23341644.jpg

中にはさむものは、お好みで何でも良いと思いますが、
この日は、2種類のお味で。
一番上の写真は、生ハム、チーズ(ヨーグルトを一晩水切りしたもの)、ルーコラ。
そしてもう一つは、自家製サルシッチャ、トマト、ルーコラで。トマトソースも少々。

b0107003_2311070.jpg

オムレツや、照り焼きチキン(邪道ですが^^;)なんかも美味しそうです。
ピリ辛味にしたい、っていう生徒さんもいらっしゃいましたよ。

ただ2枚食べると、結構お腹いっぱいになってしまうようで、教室Menuとしては只今、ボリュームダウンを検討中です001.gif

お天気の良い日は、ピアディーナを持ってお散歩も良いですね058.gif

参考までに、ボローニャでの1枚 ↓ 本場の生ハム&サラミを思い出します・・・ヨダレ♪
このピアディーナ、もっと大きかったんですよぉ~1枚でお腹いっぱい!
b0107003_23365127.jpg

by miacucina | 2009-05-10 23:14 | 料理教室

自宅で開催するイタリア料理教室やキッチンでのこぼれ話


by miacucina
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31