人気ブログランキング |

タグ:パスタ ( 78 ) タグの人気記事

暑中お見舞い申し上げます。
冷たいお料理写真で涼んでくださいませ♡

◆とうもろこしの冷たいスープ◆  

b0107003_16055962.jpg


◆夏のパスタ◆
サラダ感覚でいただける夏向きのパスタ。ボールに材料を合わせておき、茹でたパスタを加えるだけ。
b0107003_16064162.jpg


先日のピラティス教室ロゼット様とのコラボレッスンでご紹介しました。
先生のブログでご紹介いただいております。ゆり先生、ありがとうございました(^・^)

8月はレッスン夏休みです。皆さま楽しい夏をお過ごしください♪

by miacucina | 2014-07-31 16:31 | イタリア料理

イカはどっち?

2月のプリモはヤリイカのパスタ。
b0107003_9185793.jpg

カラマーリ(ヤリイカの伊語)というパスタを使いますが、その名の通り輪切りのイカ型です。
どっちがパスタかわかりますか?笑
b0107003_9193688.jpg

1月に引き続きグラニャーノ産パスタを使います。茹で時間なんと25分というコシの強さで、食感までイカみたいなのです〜

原材料は一緒なのに形状でまったく別の食感になってしまうパスタ、本当に面白いですね。

2月のレッスン日はイカ(笑)の通り
2月 4日(火) 11:30〜15:00 満席
2月 6日(木) 12:00〜15:30
2月 8日(土) 12:00〜15:30
2月12日(水) 12:00〜15:30

by miacucina | 2014-01-31 09:20 | 料理教室
今月のレッスンメニューはリクエストの多かったトマトクリームソース。
北海道で調達してきた『銀聖』としめじで作っております。
b0107003_22123386.jpg

飽きの来ない味に仕上げるポイントはトマトソースと生クリームの配合。
さっぱり党の私のレシピは生クリーム少な目です。
b0107003_2213418.jpg

焼き立てパンと一緒にご試食いただいております。

レシピはこちら
by miacucina | 2013-10-15 10:17 | 料理教室
今月のプリモはナポリのパスタ、パッケリ。
b0107003_1492534.jpg

お魚と貝のソースで。

あえて何の魚と何貝かを明記していないのは、買い出しに行った時の魚介の入荷状況で変わるから(^_-)
この日はメバルとムール貝でした。

このパッケリ、グラニャーノのこちらのメーカーのものですが、表示の茹で時間は16分。
b0107003_1437677.jpg

これでも結構長いな〜って感じですが、実はもっとかかります。
かなり厚みもあるパスタなので、芯がなくなるぐらいに茹でたいところ。

結局20分ぐらい茹でたでしょうか?さらに上げてからほったらかすこと10分ぐらい。
それでもまだもっちもちで、そう、薄いお餅のよう。

伸びにくい麺はゆったりとした気持ちで作ることができるので、それはそれで良いとも言えますが、これから夏に長い茹で時間はキツイですね。

以前のブログでも書きましたが、貧しかった人々が少ないパスタでもお皿をいっぱいに見せるために考案した形状だとか?

腹持ちも良いのでもしかしてダイエットにも良い?
この日はおひとり50gでもみなさんお腹いっぱいだそうです。

最後にナポリのマンマが作ったパッケリのお写真を♪ 具が多すぎてパッケリ見えませんね^^;
b0107003_14465542.jpg

by miacucina | 2013-05-16 14:49 | 料理教室

初教室☆

明日から今年の教室がはじまります♪
まだ体調十分とはいえないのですが、なんとかがんばりまーす(^・^)
b0107003_015544.jpg

写真は今月のmenuではなく、今進行中のお仕事で。
アスパラをピーラーでぴら〜っとむくのです 笑
by miacucina | 2013-01-12 00:05 | 料理教室
何百種類もあるといわれている乾燥パスタ、日頃使うのはまだほんの一部なのですが
今回はロングタイプのフジッリ。
b0107003_14583486.jpg

くるくるした形状はラーメンの縮れ麺のよう。

もちろんラーメンよりは太く、ショートパスタのフジッリよりは細い。
マカロニのように中心に穴が空いています。
長いので好みの長さに折って使用。
b0107003_15215938.jpg

乾燥パスタといえば、ナポリ近郊グラニャーノ産が有名。
こちらもグラニャーノのメーカーのもので、イータリーにで購入可能です。

コシが強く、粉の風味がしっかりと感じられてとても美味しいのですが、
茹で時間15〜17分!

残暑の中、キッチンはサウナ状態〜笑 涼しくなったらどうぞ♪
by miacucina | 2012-09-06 15:32 | 料理教室

ジェノヴェーゼ

久しぶりに動画レシピを撮影しました。
b0107003_11344896.jpg

鎌倉産のバジリコ、とても良い香。
b0107003_11353014.jpg

動画upしたらまたお知らせいたします。
by miacucina | 2012-07-06 11:39 | イタリア料理
お知らせが2点です。

①来週20日火曜日のクラスに2名空きが出ました。12:00~15:30です。

②23日金曜日11:30~15:00 臨時クラスを開催いたします。


今月は春らしい前菜のあと、ラザニアをご紹介しております(^.^)
b0107003_10135768.jpg

体験レッスンも受付中ですので、HPよりお申込みください。

日差しは春ですが、まだ気温が低いですね。
花粉も飛んでいて、体調管理が難しい時期です。

どうぞご自愛ください♡
by miacucina | 2012-03-16 12:07 | 料理教室
2月のレッスンは、タキイ種苗さまとのタイアップで
きらぼしという白菜を使ったパスタをご紹介しました。
b0107003_2341173.jpg


実はイタリア料理では白菜を使用しません。和野菜のイメージが強い白菜を、どうしたらイタリアンらしくできるか、結構悩みました。

きらぼし白菜はこちら。みずみずしく美しい白菜です。
b0107003_22531362.jpg


包丁を入れると、シャクッと良い音とともに、断面の濃い黄色が現れます。
かじってみると、とてもみずみずしくて甘い!葉の一枚一枚が厚くハリがあって、水分をたっぷりと含んでいるのがその重みからも感じられます。

生徒さんからも「甘―い!」「生でも美味しいのでサラダにしたい!」「いつもの白菜と全然違う!」など感嘆の声が。

このきらぼしを使って考案したのは、
「きらぼし白菜のパスタ レモンクリームソース」
白菜のさわやかな酸味とレモンクリームがとてもよくマッチします。
食感の違う、葉の部分と、白い茎の部分を分けて調理するのがポイントです。
b0107003_2253484.jpg

まず茎の部分を薄切りに、葉はざく切りに。

「こんなにたくさん入れるのですか?」と皆さんびっくりされましたが、時間をかけてトロトロに炒めてしまいますので大丈夫。量が写真の1/4ぐらいになってしまいます。

葉のほうは、パスタと一緒に茹でることで、色も鮮やかに、食感はしゃっきりと。

レシピはこちらです。
★きらぼし白菜のパスタ レモンクリームソース★
材 料(2人分)

きらぼし白菜          1/4株(約500g)※葉は1/2量のみ使用
ロースハムorももハム    50g
生クリーム(乳脂肪分35%) 100cc
レモン汁             小1
レモンの皮のすりおろし   1/2個分
パルミジャーノ         大さじ1
EVオリーブオイル       大さじ1
リングイネ・ピッコレ       160g
(又は茹で時間9分のロングパスタ)
塩、こしょう             適量

b0107003_23301770.jpg
①白菜は洗って、葉と芯に分ける。芯の部分は、繊維に垂直に3cm長さの薄切りにする。葉は半量を、1cm幅のざく切りにする。ハムは5mm角に切る。

②フライパンにオリーブオイルを入れ、薄切りにした白菜の芯を入れて軽く塩をふり、蓋をして強火にかける。ジュージュー音がして来たら中火にし、焦がさないよう時々蓋を開けて混ぜながら、10~15分蒸らし炒めにする。水分が少なくなり焦げそうになったら、弱火にし、木べらで白菜をつぶすように炒め、とろとろにする。

③たっぷりの湯に1%の塩を加えて、パスタを茹で始める。

④②のフライパンに、パスタの茹で汁を約30cc加えてなじませたら、生クリームを入れる。煮立ったら、ハム、レモン汁を加え、弱火で温めておく。  *ソースが煮詰まり過ぎたら、パスタの茹で汁を追加で加えて調整してください。

⑤パスタの茹で上がり1分前に、白菜の葉を投入し、一緒に茹でる。茹で上がったら、水気をしっかりと切って、フライパンに入れ、ソースとあえる。パルミジャーノを加え、塩、こしょうで調味する。

⑥皿に盛り付け、レモンの皮をふりかける。

※調理のポイント
・白菜の芯は、トロトロになるまでしっかりと蒸らし炒めしてください  

生徒さんの感想は、「クリームソースなのに軽くてさわやか」「飽きずに食べられる」「たっぷり白菜が入るので、パスタが少なめでも満足感がある」等、嬉しいお声をいただきました。
b0107003_12322623.jpg


合わせたワインは、北イタリアはヴェネト州のソアヴェ。白菜入りのクリームソースに、キリッとした酸味がとても良く合いました。

美味しい白菜をたくさんご提供くださったタキイ種苗さま、アンケートにお答えいただいた生徒の皆さま
どうもありがとうございました040.gif
by miacucina | 2012-03-02 11:07 | コラボ・タイアップのお仕事
「イタリアのレシピで作ってみた」シリーズ
第1回のカルボナーラに続いて、2回目はアマトリチャーナの作り方をupしました。

前回の反省点をふまえて、かなり分かりやすくなったかな?と思います。
編集担当のコチラの方の仕事が素晴らしい☆
私も早口で頑張りました~笑

率直な感想や、次回以降でやってもらいたいお料理など、をお聞かせいただければ嬉しく思います。

次回は、イタリアdolceの王道、ティラミスを予定しています。


by miacucina | 2012-01-19 19:23 | イタリア料理

自宅で開催するイタリア料理教室やキッチンでのこぼれ話


by miacucina
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30