人気ブログランキング |

タグ:パスタ ( 78 ) タグの人気記事

冬の食材

今月の教室、一番キャリアの長いクラスは冬の食材をつかったMenuをご紹介しました。

カリフラワーのスパイスフリット
b0107003_2335125.jpg

蓮根も一緒に揚げてみました。ふわふわの衣に程よくスパイスが効いて、いくらでも食べられそう。

九条ネギと海苔のパスタ
b0107003_2335163.jpg

見た目がちょっと悪いのですが、日本人なら納得の美味しさ。九条ネギを焼いた香りが食欲をそそります。

小ヤリイカのリピエーノ
b0107003_23353074.jpg

出始めのヤリイカ、ちっちゃくて可愛いです。身も柔らかい。わたやゲソも全部中に詰めました。

りんごのトルタ
b0107003_2343793.jpg

温かいケーキにアイスクリームを添えて。

先月、手打ちパスタで大変だったので、今月は簡単に。
いよいよ冬本番ですね。
by miacucina | 2010-11-16 23:40 | 料理教室
もう先週の話ですが、つくばに住む実家の母からお野菜がたくさん送られてきました♪
週末はお野菜たっぷりMenuで。

冷たいトマトのカッペリーニ
b0107003_1755433.jpg

すっかり市民権を得た冷製パスタですね。
氷で麺を冷やすのは日本人ならではの発想です。
これでもかというぐらいプチトマトを投入011.gifこのトマトとっても美味でした。

米なすのオーブン焼き
b0107003_17555883.jpg

暑いので正しくはオーブントースター焼きです(笑)
くり抜いたなすは揚げてもよいのだけれど、これまた暑いし油もたっぷり吸い込んでしまうので、まず全体をEVオリーブオイルでコーティングしてから中火でゆっくりと炒めます。
トマトやオリーブ、ケッパーなどと合わせてパルミジャーノをかけて表面をこんがりと。中にとろけるタイプのチーズを入れたらさらに美味しいです。

この2日は猛暑もひと段落ですが、明日からまた暑いとか?
暑さに負けず、がんばりましょう!
by miacucina | 2010-07-30 18:13 | イタリア料理

11月の教室日程

今月の教室日程です。

11月 7日(土) pm12:00~
11月16日(月) pm12:00~
11月18日(水) pm18:30~
11月26日(木) pm12:00~

土曜クラスは「肉まん」を作りたいとのリクエストがあり、
今月はイタリア料理をお休みして中華です♪
あと2名入れますので、作ってみたい方はどうぞ~
b0107003_17211354.jpg


他のクラスはタコのラグーソースやお肉の煮込みなど、寒さに備えて身体を温かくするMenu。
お楽しみに♡
b0107003_17221880.jpg

by miacucina | 2009-11-02 17:23 | 料理教室
北国からは雪の便りが聞こえてきました。
今日は東京も寒いですね。

こんな日はおうちでぬくぬくしながら、デスクワークを片付けるのが一番♪
コトコトとお鍋を火にかけながら。
ちなみに今日は小豆を炊いています。

先月の教室ではミネストローネをご紹介しました。
b0107003_14114478.jpg

お野菜たっぷりに白いんげん豆とリゾーニRisoniという名のパスタを入れました。
           これです
             ↓
b0107003_14131181.jpg

お米の形をしたちっちゃなパスタです。イタリア語でお米はRisoリーゾ。
脱穀していないお米がRisoneリゾーネですから、複数形のRisoniリゾーニという名のこのパスタは
もみ殻付きの黄色い色をイメージしてつけられたのかも。

スープに入れる時は、下茹でなしでそのまま煮込めば大丈夫♪
つるっとした食感がとても食べやすく、スープにぴったりです。

この他イタリアでは、ちょっとずつ残っているショートパスタを混ぜて入れたり、長いものは短く折って使ったりします。
冷蔵庫にあるお野菜で気軽に作れる栄養たっぷりのマンマのお味です。
by miacucina | 2009-11-02 14:39 | 料理教室

週末の食卓

久しぶりにウチのごはんネタです。

野菜がい~っぱい入ったパスタが食べたくて、夏野菜をたくさん入れたテキトーお惣菜パスタ。
こういうパスタを作ると、日本のお野菜の味の薄さを痛感します。アンチョビは入れたんですが、なんか足りないんですよね、やっぱりパンチェッタかベーコンをちょっと入れるべきでした。。
b0107003_16501593.jpg

アンティパストは最近のお気に入り、ちびとうもろこし(これは商品名ではなく私が勝手に私がつけた名前です^^;)
間引いたとうもろこし、今までは廃棄するか、農家の方の消費用となっていたのが、もったいない精神により商品化されたもの。
皮を剥がずに丸ごとグリルで焼いて。
故郷の青森に「姫たけ」(ねまがりだけ)という細いタケノコがありますが、香りがそれを焼いたのにとても良く似ています。味もなんとなく似てる。
何にもつけなくても、ほんのり甘くて香ばしくて美味しいのですが、マヨネーズも良く合います。
b0107003_16502972.jpg

教室で使った、香草チーズパン粉が残っていたので、旬のアジをパン粉焼きに。
いつも鰯でするけれど、アジも美味しいです。私、こちらが好きかも♡
b0107003_16504199.jpg


ワインはキンキンに冷やしたAlbana di Romagna(アルバーナ・ディ・ロマーニャ)2008 Terre Cevico 
選んだわけではなく、箱から出したらそれだったから(笑)
そんなイタリアワインのお気軽さが好き♪
by miacucina | 2009-06-26 17:07 | イタリア料理
最近、魚介づいている我が家です011.gif
お魚売り場で、何も考えずにカゴに入れてたら、こんなメニューになってしまいました。
無意識に体が南イタリアを恋しがっているのでしょうか~?

Frutti di mare(海の幸)のパスタ
ぐつぐつ・・・魚介からでる美味しいスープ♪ いいにおいです~
b0107003_17473038.jpg

そのスープをパスタに吸わせてからめる♡
パスタ少なすぎ、いえ具が多すぎ!^^;
b0107003_15452139.jpg


ヤリイカのトマト煮込み
子持ちのヤリイカ、ゲソや内臓も刻んでパン粉、ハーブなどと一緒に中に詰めました。
b0107003_154535100.jpg


こういうタイプのお料理って、分量などあまり考えず、アバウトに作ったほうが美味しい気がするんですがどうでしょう?
まさに南イタリアってことで~043.gif
by miacucina | 2009-04-28 16:00 | イタリア料理

ウニのパスタ

週末、夫の姉夫婦から美味しいプレゼントが届きました058.gif
もうすぐ夫のBirthdayなんです。

新鮮なメバルカレイ毛ガニ、そして圧巻は獲れたてをガラス瓶に詰め込んだウニ

こんなにたくさんのウニ・・・・お刺身はもちろんだけど、これはもうパスタにするっきゃない!
トマトと生クリームでソースを仕上げておき、パスタの茹であがりと同時に
たっぷりのウニを加えて混ぜます。
久しぶりの超濃厚ソース、美味しかったな~010.gif
b0107003_1141359.jpg


そしてワンパターンなのですが、
メバルを見るとどうしてもアクアパッツァにしたくなってしまう・・・
b0107003_11452458.jpg
←キラキラのお目目が新鮮さの証!
b0107003_1145529.jpg










b0107003_11415842.jpg

東京では手に入りにくい新鮮な食材の数々、
ごちそうさまでした~040.gif058.gif
by miacucina | 2009-04-20 11:50 | イタリア料理

お肉攻めでした12月

今年も最後のレッスンが無事終了しました。
皆様ありがとうございました。

毎年12月はクリスマスメニュー。

アンティパスト : ケーキのアンティパスト
b0107003_1328481.jpg

オリーブやハム、チーズをたっぷり入れた塩味のケーキです。
スプマンテや白ワインにぴったりのアンティパスト、朝ごはんにも良いです。

プリモピアット : トルテッリーニ・イン・ブロード
b0107003_13285799.jpg

ボローニャのトルテッリーニ、クリスマスの時期に食べられるお料理です。
詰め物をした小さなラビオリをたくさん作り、ブロードで茹でます。
セコンドでいただくボッリート・ミストの茹で汁をブロードとして使用、3種類のお肉の旨味が
たっぷり出た、美味しいブロードです。

セコンドピアット : ボッリート・ミスト
b0107003_1329963.jpg

どっかーん、3種類のお肉攻め。ピエモンテや北イタリアで食べられる料理。
牛・豚・鶏を弱火で3時間近く煮て、サルサヴェルデやマスタードでいただきます。
本場は牛中心、部位別にいろいろ取り混ぜて煮込むようです。
うちの教室は、あまりドッカーンとしたお料理出ないのですが、
今回はプチイタリア体験037.gif
b0107003_13292912.jpg

今回は以前、チーズセミナーで出会ったピエモンテの特産「クーニャ」も添えました。これ大人気。
特に豚肉との相性良かったです。

ドルチェ : いちごのズッパ・イングレーゼ
b0107003_13291627.jpg

トスカーナのドルチェ、本来はアルケルメスというリキュールを使用しますが
今回はいちごで。見た通り、想像通りの優しいお味。とっても簡単。

教室に来てくださっている皆さま、お料理を通じて出会った皆さま、ブログを見てくださっている皆さま
今年も1年ありがとうございました040.gif
皆さんとの時間が、私の元気の源となっています。感謝感謝。
来年もさらに良い年になるよう、がんばりま~す。


おまけ : 教室のあとはいつもこんな晩ごはん。
今日はきつねうどん011.gif へへ
b0107003_13293620.jpg

by miacucina | 2008-12-22 14:06 | 料理教室
先週、EATALYで開催されたワインセミナーに参加しました。
第1回目のテーマは「ピエモンテの白」
b0107003_2225867.jpg

この日はリストランテのGUIDO PER EATALYがまだopen前ということで
特別に店内でのセミナーでした060.gif

立食パーティ形式で3種類のワインをテイスティング。
おまけにguidoのお料理3品とのマリアージュの試食もありで
予想以上に楽しい講座でした。

テイスティングしたワインはこの3種類。
Roero Arneis 2007
Gavi del Comune di Gavi 2007
AMPELIO Langhe Chardonnay 2007
b0107003_2226374.jpg


ピエモンテは赤ワインの銘醸地なので、白ワインはどうしても影の存在になりがちだそうですが、どのワインもフレッシュな酸とミネラルが豊富で、美味しかったです。

そしてこの日私が最も嬉しかったのが、
最初のアルネイスに合わせて出てきた「アニョロッティ・アル・トヴァリョーロ」
写真を撮り忘れてしまったので、ピエモンテで食べた際の写真を
b0107003_22394553.jpg


これわかりますか?
なんとナプキンに包まれてサーブされるんです。
トヴァリョーロがイタリア語でナプキンのこと。

アニョロッティは肉をミンチにした詰め物が入ったラヴィオリのことで、ピエモンテ名物。
「アニョロッティ・ダル・プリン」という料理は、事前調査でチェックして、何回かいただいたのですが、同じものかと思って頼んだ際、このナプキン包みが出てきてビックリしました。

だってソースがないんです、このパスタ。
茹でたパスタがナプキンにくるまれて出てきて、おろしチーズをかけるだけ。
初めて見た感想は「なんじゃこりゃ?」でした。
あんまりびっくりして、何でそんなお料理なのか聞くのを忘れ、
すっかり忘れていたところ、今回の再会となったわけです。

講師の先生の説明によると、そもそも手で食べるおつまみ感覚のパスタで
茹でたてのあつあつをサーブするために、ナプキンで覆ったのだそうです。
ソースがありませんから、茹でる際はブロード(イタリアのブイヨン)で下味をつけつつ茹で、
アツアツをつまんで食べる。
な~んだ、そうだったんだ~

プリッとしたアニョロッティをつまみながら、
キリッと冷えたワインを飲んで、幸せなセミナーでした~(疑問も解決したし006.gif)
by miacucina | 2008-10-26 22:39 | イタリア料理

タヤリン

今月の木曜クラス、お休みの方が多かったため、急遽eataly食材研究ツアーに変更058.gif
ランチをして買い物をして楽しいレッスン(?)となりました。

b0107003_23565159.jpg

で、私はタヤリンの乾麺を購入、日本ではまだ珍しいパスタだと思いますが
タヤリンとはピエモンテ地方の方言で「タリオリーニ」のこと。
でも一般的なタリオリーニよりも細く、卵の使用量も多いのが特徴です。

6月のピエモンテ旅行でもその形状と食感がとても気に入って、何度か食べました。
パスタというよりも、中華麺のような感じなんです。
私ラーメンも断然、細麺好き♪
チキンスープで食べたら美味しいだろうな~なんて考えたりしていました。

この乾麺はどうかしら?と思いながら今日の昼食。
ボロネーゼソースに合わせましたが、予想以上に美味しかったです。
また買いに行こうっと053.gif
b0107003_23572258.jpg


せっかくですから、ピエモンテでのタヤリンネタを・・・
b0107003_23593222.jpg

マンマに習った家庭のタヤリン。
パスタマシーンを使って、やはり生地は薄く細くです。
b0107003_032823.jpg

このときはラグーソースと野菜入りのラグー2種でいただきました。
どちらも美味しかった~

そしてこちらはぐっとシンプルに、セージとバターのソースで
b0107003_014915.jpg

ブラにあるスローフード協会認定のオステリアBOCCONDIVINOで食べました。

コクのあるラグーソースにも、シンプルなソースにもどちらにも相性の良いパスタです。
多分、今頃ピエモンテではどこのリストランテもこのバターソースのタヤリンに
白トリュフ削ってサーブされているハズ
あ~食べに行きたーい070.gif
by miacucina | 2008-10-19 00:20 | 旅(イタリア)

自宅で開催するイタリア料理教室やキッチンでのこぼれ話


by miacucina
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31