人気ブログランキング |

栗粉入り手打ちパスタ

残暑お見舞いもうしあげます。

全国的に厳しい残暑、たまりませんね~ブログ更新もすっかりさぼってしまいました(-_-;)

前回の動画の続編として
手打ちパスタのジェノヴェーゼを動画撮影しました。もう1ヶ月前にです・・・^^;
b0107003_15185836.jpg

トロフィエというパスタの作り方を撮影しました。上のちょっと黒っぽいパスタは栗の粉入り。
リグーリアでは栗の粉を使う人もいるということで、チャレンジしてみました。
下は小麦粉のみのもの。
b0107003_15191255.jpg

お味のほうは、栗粉入りに軍配。そんなにたくさんは加えていないのですが、もちっとして食べると栗の粉の香りがふわっと鼻に抜けます。

動画はスタッフのMちゃんが手打ちパスタを初体験するチャレンジ企画もの風になりました 笑
upしたらまたお知らせいたしますね。

ふ〜それにしても暑っ!
先日ランチにでかけたのですが、「焼けそう」というより「焦げそう」という表現のほうがピッタリ来るような陽射しの強さでした。

イタリアもこの夏は猛暑らしく、フィレンツェは連日40℃越えとか!?

そろそろ夏の疲れも出るころです、みなさまどうぞご自愛くださいね♡

p.s.夏のおまけ♪かりんのブログを久しぶりに更新しました。お疲れ気味の方、アホな写真に癒されてください 笑
by miacucina | 2012-08-24 15:44 | イタリア料理
動画シリーズも4回目になりました(^・^)

今回は、バジリコをたっぷり使ったペスト・ジェノヴェーゼ
リグーリア州ジェノヴァ生まれのお料理です。
動画はペーストの作り方、パスタの作り方で2本立てになっています。

まずはペーストの作り方から。
本場では大理石の乳鉢で根気強くすり潰しますが、動画ではフードプロセッサーを使うやり方で。


続いてパスタの作り方。ジェノヴェーゼのパスタにはいんげんとじゃがいもが必須です。



この動画シリーズは、イタリアのレシピをご紹介することで、日本で一般的になっているイタリア料理の本来の姿を知っていただきたいという思いから始まりました。

撮影時は、なるべく本場レシピに忠実に作りたいので、食材もできるだけ現地のものを揃えるよう努力しています。

中にはご近所では手に入りにくいものもあるかと思いますが、代用できる食材等についてはできるかぎりご紹介していきますので、どうぞご理解ください。
合わせて日本の家庭で作りやすい分量に修正した、おすすめのレシピも掲載しています。
ご参考にしていただければ嬉しいです♡

次回の動画はジェノヴェーゼソースに合わせる手打ちパスタ、トロフィエの作り方を予定しています。
by miacucina | 2012-07-17 14:06 | イタリア料理

ジェノヴェーゼ

久しぶりに動画レシピを撮影しました。
b0107003_11344896.jpg

鎌倉産のバジリコ、とても良い香。
b0107003_11353014.jpg

動画upしたらまたお知らせいたします。
by miacucina | 2012-07-06 11:39 | イタリア料理
先月こちらの記事でご紹介していました、動画シリーズ
第3回目はイタリアドルチェの王道、ティラミスです。
b0107003_13591917.jpg


このレシピは、ティラミス発祥の店と言われているトレヴィーゾのレストランのもの。
日本で食べるティラミスよりも、濃厚なクリームが特徴です。

材料は卵黄・マスカルポーネチーズ、砂糖のみ。生クリームも卵白も加えません。

ふわふわの軽いティラミスもおいしいけれど、こちらは元気が出そうな美味しさ♪
ティラミス(Tira mi su)=「私を上に引き上げての意」のネーミング通り、効果ありそうです。



元祖のお味、作ってみます?
by miacucina | 2012-03-05 13:57 | イタリア料理
「イタリアのレシピで作ってみた」シリーズ
第1回のカルボナーラに続いて、2回目はアマトリチャーナの作り方をupしました。

前回の反省点をふまえて、かなり分かりやすくなったかな?と思います。
編集担当のコチラの方の仕事が素晴らしい☆
私も早口で頑張りました~笑

率直な感想や、次回以降でやってもらいたいお料理など、をお聞かせいただければ嬉しく思います。

次回は、イタリアdolceの王道、ティラミスを予定しています。


by miacucina | 2012-01-19 19:23 | イタリア料理
料理教室とは別件ですが、以前お話していたカルボナーラの動画を一般公開しました。

コンセプトは、 「イタリアのレシピで作るイタリア料理」
イタリアの料理本に載っているレシピを翻訳して、実際に作ってみるというもの。

食材もできる限り、イタリアで使われているものに近いものを選び、分量等もレシピ通りに作っています。
ちょっとマニアックな挑戦ではありますが、本来その料理はどんなものなのか、というルーツを探ることにもなり、うんちく好きの方にはおススメです 笑。

お恥ずかしながら、調理担当はワタクシ、編集及びうんちく担当はコチラのお方です。
初挑戦だったので、改善点も多く、お見苦しい点も多々ありますが、お時間のある方は、どうぞ見てやってくださいませ。感想などもお聞かせいただければ、うれしいです。

情報欄に、作りやすいように手を加えたレシピも載せましたので、実際に作ってみようと思われる方は、参考にしてください。
次回はアマトリチャーナの作り方です。


by miacucina | 2011-12-06 13:30 | イタリア料理

自宅で開催するイタリア料理教室やキッチンでのこぼれ話


by miacucina
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30